グランクレスト戦記DO 英雄の系譜

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年09月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
212
ISBN:
9784040726496

グランクレスト戦記DO 英雄の系譜

  • 著者 水野 良
  • イラスト 深遊
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年09月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
212
ISBN:
9784040726496

戦史に刻まれた英雄たちの姿が、鮮やかに綴られる!

テオとシルーカが出会う遥か以前、戦史に残る男たちがいた。初めて聖印を生み出した始祖君主レオン、大工房同盟を築いた鉄血伯ユルゲン、聖印教会の創始者エルネスト。皇帝テオにつながる英雄たちの姿が描かれる!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「グランクレスト戦記DO 英雄の系譜」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • これは始祖皇帝テオ誕生より遥か以前にいた英雄達の姿を描いた物語である。サブタイトルの「英雄の系譜」この言葉に相応しい前日譚でもあり、後日譚となっている今作。シルーカやマリーネの口から語られる英雄達の戦 これは始祖皇帝テオ誕生より遥か以前にいた英雄達の姿を描いた物語である。サブタイトルの「英雄の系譜」この言葉に相応しい前日譚でもあり、後日譚となっている今作。シルーカやマリーネの口から語られる英雄達の戦いの歴史。それは本編に勝るとも劣らない重厚かつ、強烈なものでその歴史がテオに繋がっているという事実を思うと改めて胸が熱くなった。レオン、ユルゲン、エルネストの姿を描き、皇帝となったテオと妃シルーカのその後を僅か200頁程度で描ききった水野先生の筆力は本当に凄まじいな。見事な前日譚であり、後日譚だった。 …続きを読む
    まりも
    2018年09月21日
    30人がナイス!しています
  • 帝国の体制を整えるため、過去の資料や逸話を紐解いていくなかで綴られてゆく始祖レオン、鉄血伯ユルゲン、初代教皇エルネストといった物語の世界観を構築した過去の英雄たちのエピソードが綴られてゆく短編集。戦い 帝国の体制を整えるため、過去の資料や逸話を紐解いていくなかで綴られてゆく始祖レオン、鉄血伯ユルゲン、初代教皇エルネストといった物語の世界観を構築した過去の英雄たちのエピソードが綴られてゆく短編集。戦いが終わってからの主要人物たちのその後の状況も交えつつ語られてゆく英雄たちのエピソードはどれも魅力的で、それぞれ一冊にしてもいいくらいの奥行きがあるだろうと思うともったいなくも感じましたが、これがこれからの未来にもきちんと繋がってゆく、物語の最後を締めくくるにふさわしい流石の一冊でした。次回作も期待しています。 …続きを読む
    よっち
    2018年09月21日
    27人がナイス!しています
  • 大陸全土を巻き込んだ戦争が終結したがテオ達の戦いはまだまだ戦場を変え続いていた。始祖皇帝テオ誕生よりも遥か昔の偉人、英雄達の前日譚であり大戦後の後日譚でもある今巻。各話の終わりにテオとシルーカが何だか 大陸全土を巻き込んだ戦争が終結したがテオ達の戦いはまだまだ戦場を変え続いていた。始祖皇帝テオ誕生よりも遥か昔の偉人、英雄達の前日譚であり大戦後の後日譚でもある今巻。各話の終わりにテオとシルーカが何だかんだイチャコラしているのが微笑ましいな。レオン、ユンゲル、エルネスト彼らは様々な事を思いつつも根元は混沌の時代終わりを望んでいたんだよな。そしてその意志はテオに引き継がれ実現すると。200ページ程でこんだけ纏められるのがホンマに凄いわ。 …続きを読む
    アウル
    2018年09月24日
    19人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品