試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041066560

お嬢さん放浪記

  • 著者 犬養 道子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041066560

戦後まもない頃に日本中を虜にした、時代を切り開いた女性の欧米滞在記!

1948年、米国に留学中だった著者は、サナトリウムで療養しながら「起業」し、そのお金でヨーロッパに旅立った――。渡航が難しい時代に世界を渡り歩いた女性が残した、驚きと発見溢れる旅文学の金字塔!

もくじ

アルバイトの記
友情のパスポート
シカゴの一夜 
オランダ風物
洪水
パンとイタリアの労働者
ドイツの冬の旅
お城をもらった話
女ひとり
 1 イタリアの巻
 2 フランスの巻
 3 税関の巻
オルレアンからサン・ブノアへ
ヨーロッパのお嬢さんたち
解説 麻木久仁子


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「お嬢さん放浪記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 1957発表。最初の本にしてベストセラーを記録したらしい。1948の渡米、結核療養を克服して念願の(彼女の志向と思いは自叙伝などで窺える)ヨーロッパ留学を果たす。この辺りの各国での生活、活動のレポート 1957発表。最初の本にしてベストセラーを記録したらしい。1948の渡米、結核療養を克服して念願の(彼女の志向と思いは自叙伝などで窺える)ヨーロッパ留学を果たす。この辺りの各国での生活、活動のレポートといってもいい。全編に溢れる明るさ、明晰さ、学びの姿勢に曇りはなく読後感も爽やか。自叙伝の予備知識と併せると、その印象は更に深みを増す。カソリックの信仰と実際の活動はよく分からないのだが「人の為に働く」長い伝統に裏打ちされているネットワークは強固な様だ。続く …続きを読む
    ヨーイチ
    2020年01月28日
    37人がナイス!しています
  • 犬養毅総理の孫娘という正真正銘のお嬢様が、キリストの精神をパスポートに、日本を飛び出し戦後間もない西洋諸国を見て回る。療養中の病院で始めたロザリオ販売、シカゴのスラムでの無謀な一夜、孤独な留学生達の交 犬養毅総理の孫娘という正真正銘のお嬢様が、キリストの精神をパスポートに、日本を飛び出し戦後間もない西洋諸国を見て回る。療養中の病院で始めたロザリオ販売、シカゴのスラムでの無謀な一夜、孤独な留学生達の交歓する場を求めてお城を手に入れる話。どれも作り話みたいに面白い。突飛な思いつきを周囲を巻き込んで実現させる才能の持ち主。善意を頼りにしながらも、危険を回避する抜け目なさ。「蛇のように聡く、鳩のように素直」という聖書の言葉を思い出す。あと風景描写の美しさが印象的。陽光溢れるイタリアに一度でいいから行ってみたい。 …続きを読む
    ボン
    2018年10月24日
    10人がナイス!しています
  • 柚木麻子『名作なんか、こわくない』より。面白かった!あの犬養毅の孫で著者のミッチー本人は(勝手にミッチーと呼んでいる)「お嬢さん育ちに一本筋金を入れてもらいたい」なんて言っているが、大胆で賢くて茶目っ 柚木麻子『名作なんか、こわくない』より。面白かった!あの犬養毅の孫で著者のミッチー本人は(勝手にミッチーと呼んでいる)「お嬢さん育ちに一本筋金を入れてもらいたい」なんて言っているが、大胆で賢くて茶目っ気があって異国で大活躍、そこらの一般市民なんかよりよっぽど筋金が入っている。アメリカでサナトリウム中に企業して逮捕状を出され頭と愛嬌を使い国外へ、の一章目からノックアウト。惚れ惚れする。フリーダやピアフと並びお気に入りの人物になりそう。様々な活動をしていたのもカトリック信徒だったのも興味深い。 …続きを読む
    えりぃ
    2019年03月31日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品