女性作家捕物帳アンソロジー 撫子が斬る 上

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041066492

女性作家捕物帳アンソロジー 撫子が斬る 上

  • 選 宮部 みゆき
  • 編 日本ペンクラブ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041066492

女性作家8名による、色とりどりの「捕物帳」アンソロジー!

宇江佐真理、澤田瞳子、藤原緋沙子、北原亞以子、藤水名子、杉本章子、澤田ふじ子、宮部みゆき――当代を代表する女性作家8名による、色とりどりの捕物帳アンソロジー。宮部みゆき選、日本ペンクラブ編。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「女性作家捕物帳アンソロジー 撫子が斬る 上」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 宮部さん選の女流作家の捕り物帳。既読物もあったがいい選択である。いいものを選びすぎて上下巻にしたんだろうな。 お薦め 宮部さん選の女流作家の捕り物帳。既読物もあったがいい選択である。いいものを選びすぎて上下巻にしたんだろうな。 お薦め
    ドナルド@灯れ松明の火
    2020年03月26日
    17人がナイス!しています
  • 女流作家さんたちの捕物帳。女性ならではの視点や心情の描写が良かった。 女流作家さんたちの捕物帳。女性ならではの視点や心情の描写が良かった。
    ヨッコ
    2020年05月25日
    16人がナイス!しています
  • やっと読めた!女性作家のみの捕物帳アンソロジー上巻。初っぱなの宇江佐さん、の伊三次シリーズしばらく読んでないんだけれど、やっぱいいな。感触にしっとり艶があるのが好み。最後の宮部さんの『鰹千両』読んだは やっと読めた!女性作家のみの捕物帳アンソロジー上巻。初っぱなの宇江佐さん、の伊三次シリーズしばらく読んでないんだけれど、やっぱいいな。感触にしっとり艶があるのが好み。最後の宮部さんの『鰹千両』読んだはずなのにすっかり忘れてたから、茂七親分が事のあらましがおおかた見えてきたって言ってる段階でも全然見えなくて(どうせ前回もだから)またしんみりした。初読みの杉本章子さん『水雷屯』が収録されている信太郎人情始末帖は機会があったら読んでみよう。  …続きを読む
    くるみみ
    2020年07月25日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品