角川新書

サブカル勃興史 すべては1970年代に始まった

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年11月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
304
ISBN:
9784040822204
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川新書

サブカル勃興史 すべては1970年代に始まった

  • 著者 中川 右介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年11月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
304
ISBN:
9784040822204

少女マンガも歴史をたどれば宝塚歌劇団を原点に持つ「手塚治虫」に行き着く

2010年代に入ってから、「ウルトラ・シリーズ」、「仮面ライダー」、「ヤマト」、「ガンダム」、あるいは「ベルばら」「ポーの一族」などが次々と40、50周年を迎えている。それらはみな、単に昔のものとしてあるだけでなく、現役のコンテンツとして新作が発表され、映像化、舞台化されている。逆算すれば分かるが、これらの大半は1970年代に始まっているのだ。 1960年に生まれ、アニメ、特撮ものを最初期からテレビで見ていた中川右介(作家、編集者)が「リアルタイムの記憶を基にして目撃譚」として描くサブカル勃興史。

記憶をたどりながら書きますが、公にするからには、記憶にだけ頼り、間違ったことを書いてはいけないので、改めて調べ、事実確認をして書きます。歴史家的視点と、当時の少年視聴者・読者としての記憶とを融合させ、「読者・視聴者としてサブカル勃興期を体験した者が書く歴史」を提示したいと思います。(筆者)

もくじ

第一話 静かに生まれた国民的キャラクター ――『ドラえもん』(1970年)
第二話 ウルトラ・シリーズの再出発 ――『帰ってきたウルトラマン』(1971年)
第三話 石ノ森・東映ヒーローの誕生 ――『仮面ライダー』(1971年)
第四話 スーパーロボットの出現 ――『マジンガーZ』(1971年)
第五話 少年も読む少女マンガ ――『ポーの一族』と『ベルサイユのばら』(1972年)
第六話 アニメ新時代の幕開け ――『宇宙戦艦ヤマト』(1974年)
第七話 ニュータイプのアニメ ――『機動戦士ガンダム』(1979年)

メディアミックス情報

NEWS

「サブカル勃興史 すべては1970年代に始まった」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • サブカルとは、特撮ものとマンガとアニメを指す言葉なのかという疑問を抱きつつ読了。内容は、1970年代に大ヒットし、今もなお影響力のある作品(ドラえもん、ウルトラマン、仮面ライダー、マジンガーZ、デビル サブカルとは、特撮ものとマンガとアニメを指す言葉なのかという疑問を抱きつつ読了。内容は、1970年代に大ヒットし、今もなお影響力のある作品(ドラえもん、ウルトラマン、仮面ライダー、マジンガーZ、デビルマン、ベルサイユのばら、ポーの一族、宇宙戦艦ヤマト、機関戦士ガンダム)を中心に、その時代のマンガ・アニメ等の歴史を綴ったもので、各作品の内容紹介はありません。そして「全ては宝塚歌劇を原点に持つ手塚治虫に始まった」という結論でした。やや安直な結論ではありますが、1970年代に小学生だった方にはお勧めの本です。 …続きを読む
    キック
    2018年12月02日
    66人がナイス!しています
  • 70年代の子供向けアニメと特撮にほぼ限定してるので、タイトルよりはニッチな内容。でも著者(60年生まれ)と同年代の人にはかなり懐かし面白い(私は1学年下)。当時は興味なかったオトナの裏事情が楽しい。宇 70年代の子供向けアニメと特撮にほぼ限定してるので、タイトルよりはニッチな内容。でも著者(60年生まれ)と同年代の人にはかなり懐かし面白い(私は1学年下)。当時は興味なかったオトナの裏事情が楽しい。宇宙戦艦ヤマトの西崎Pはかなりクセの強い人物みたいで、評伝読みたいわー。ヤマトは劇場公開初日、前日から徹夜で並びたかったけど親がダメって言ったので始発で行こうと下高井戸の友だちんち泊まったら夜半まで騒いで昼まで寝ちゃって結局行けなかったことを思い出しましたー、渋谷の東急文化会館。たしか中3。 …続きを読む
    おかむら
    2019年01月22日
    33人がナイス!しています
  • 作者とは一歳下になるので、共感は起こる。小学館の学年誌を毎月弟の分も読みふける。スポ根には馴染めず、女の子にもお色気にもまだ目覚めない…と勝手に想像。タイトルはかなり挙がっているけれど、タツノコものや 作者とは一歳下になるので、共感は起こる。小学館の学年誌を毎月弟の分も読みふける。スポ根には馴染めず、女の子にもお色気にもまだ目覚めない…と勝手に想像。タイトルはかなり挙がっているけれど、タツノコものやサンダーバード以外の海外もの等がごっそり抜けているのは裏番組に当たっていたか、当時の東京局は執拗に再放送を流さなかったのか、作者は「見た」と書いたもの以外は見なかったのか。中学生くらいで見切りを付けるかがおたくの分かれ道だろうなあ。素養はあったものの、違う良いものを見つけた人の手というように見えた。 …続きを読む
    2018年12月22日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品