わがままな雪姫は救国をご所望です

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年02月15日
判型:
A6変形判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784047349766

わがままな雪姫は救国をご所望です

  • 著者 橘 千秋
  • イラスト SUZ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年02月15日
判型:
A6変形判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784047349766

「姫、あなたには国を変える力がある」役立たずだった姫が国を救う!?

雪の精霊そっくりで可愛らしく、超わがまま姫だったルチア。
だけど七歳の時に初恋の貴公子にプライドをへし折られ、完璧な姫になることを決意! 

時は経ってルチア十六歳。
再会した貴公子ユリウスはスパルタ鬼教師だった!? 
しかも、王妃教育かと思っていたら王になるための教育だったの!?

「姫、あなたには国を変える力がある」
「ルチア様はいつでも十割残念可愛いんですのよ!」
「私はあなたの臣下――いいえ、従順な犬となりましょう!」

仲間たちに溺愛されすぎ(!?)雪姫のトンデモ救国物語、開幕!!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「わがままな雪姫は救国をご所望です」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • わがままだったお姫様が初恋相手のユリウスに矜持を叩き折られ、完璧な姫になることを決意。数年後、教育係として再会したユリウスと腐敗した国を救う話。これだけ馬鹿にされてるのに王女として頑張るヒロイン、すご わがままだったお姫様が初恋相手のユリウスに矜持を叩き折られ、完璧な姫になることを決意。数年後、教育係として再会したユリウスと腐敗した国を救う話。これだけ馬鹿にされてるのに王女として頑張るヒロイン、すごくいい子だ。ユリウスもう少し気遣ってあげればいいのにと思うが、読み進めてうちにこういうノリの話なんだなと分かってきた。最終的にちょっと抜けてるけど打たれ強いお姫様が周囲の側近たち(うち2名変態)に馬鹿にされ(愛でられ)て救国を目指す話なのかなと思った。ちょっと私には合わなかった。 …続きを読む
    ハナ
    2018年12月09日
    11人がナイス!しています
  • 我儘、だった、という感じかなぁ。あまりルチアには悪感情もなく、得にはじめの幼少期以外は我儘だとは思わなかったので、そういった雰囲気を望むなら合わないかもしれない。我儘な姫が腐敗した国に気付かずに隣国の 我儘、だった、という感じかなぁ。あまりルチアには悪感情もなく、得にはじめの幼少期以外は我儘だとは思わなかったので、そういった雰囲気を望むなら合わないかもしれない。我儘な姫が腐敗した国に気付かずに隣国の王子から婚約破棄をいいわたされる。そして傷つきながらも声をかけてきたユリウスにより立派な淑女になると決める。という大元。ルチア自身も姫としての評価は別として孤児院に自ら出向くなど優しい民を思う姫。あと周りが濃すぎるかな。面白かったけど、エリオットもあれだし。続刊が出そうな感じなのですが、出るなら読みたい …続きを読む
    ゆう
    2018年02月20日
    9人がナイス!しています
  • 面白くないわけじゃないけど、色んな要素を詰め込んだせいで中途半端な読後感。我儘な王女の成長ものを書きたかったんだろうけど、作中で散々罵倒されているわりに主人公の我儘が大したことない。むしろ年相応なのに 面白くないわけじゃないけど、色んな要素を詰め込んだせいで中途半端な読後感。我儘な王女の成長ものを書きたかったんだろうけど、作中で散々罵倒されているわりに主人公の我儘が大したことない。むしろ年相応なのに公衆の面前で他国の王族を侮辱した元婚約者のほうが年長のぶん馬鹿では?個性的なキャラクターたちのコメディは楽しいけど、そのぶん革命が差し迫っている緊張感が全然伝わってこない。いくら変装していても、王都へ頻繁に出入りしているのに一度も絡まれたりしない国で革命が起きるとは思えない。続刊で巻き返せるかな? …続きを読む
    サラ
    2018年06月03日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品