感染症の世界史 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2018年01月25日
商品形態:
電子書籍

感染症の世界史

  • 著者 石 弘之
発売日:
2018年01月25日
商品形態:
電子書籍

克服できる日は来るのか。40億年の地球史から人類と微生物の関係をたどる

コレラ、天然痘、エボラ出血熱……征服しては新たな姿となって生まれ変わる微生物と、人類は長い軍拡競争の歴史を繰り返してきた。40億年の地球環境史の視点から、感染症の正体にせまる。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「感染症の世界史」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 文明が発達し生活も向上している人間もこの本で紹介されている様々な感染症にはいまだ完全な制圧が出来ていないことを知る。近いところではSARSやエイズ、エボラなどのウィルスが時折猛威をふるう。古くからある 文明が発達し生活も向上している人間もこの本で紹介されている様々な感染症にはいまだ完全な制圧が出来ていないことを知る。近いところではSARSやエイズ、エボラなどのウィルスが時折猛威をふるう。古くからあるペスト天然痘、狂犬病他については大流行すれば多くの死者も出る。インフルエンザ、はしか、風疹なども日本ではそれほど重要視されていないものも海外ではかなり恐れられている。人類の歴史は感染症と常に共存していることを知る。専門用語もすくなく読みやすく平易な文章だ。 …続きを読む
    kinkin
    2018年02月10日
    114人がナイス!しています
  • 災害は忘れたころにやってくる。約100年前にもパンデミックな疫病の流行(スペインかぜ)があった‼最も進化した生物である人間の文明化が進む程に、最も原始的な生物であるウィルスの脅威が増していくという皮肉 災害は忘れたころにやってくる。約100年前にもパンデミックな疫病の流行(スペインかぜ)があった‼最も進化した生物である人間の文明化が進む程に、最も原始的な生物であるウィルスの脅威が増していくという皮肉。小さきもの、目に見えぬものを侮るなかれ。 …続きを読む
    本読みたぬき
    2020年04月14日
    111人がナイス!しています
  • 6年前の執筆に加筆、文庫化。筆者の専門は医者でなく環境学、史的資料等をふんだんに駆使。面白すぎて頁が進まず。事実に基づく知識の重さは振り落とせない。地上で最も進化した人VS最も原始的な微生物との闘い。 6年前の執筆に加筆、文庫化。筆者の専門は医者でなく環境学、史的資料等をふんだんに駆使。面白すぎて頁が進まず。事実に基づく知識の重さは振り落とせない。地上で最も進化した人VS最も原始的な微生物との闘い。まさに!地球の一部に住まわせて貰っている人‥それが勢力拡大すると新たな宿主を人に求める寄生が始まる。奴らも生きて行くのに必死で変異を続ける。ウィルスの変異は人が何万年かかるところを1年で軽々とやってのける。「利己的遺伝子説」が面白く~あらゆる生物が自己の生存と繁殖率を他者より高める為に利己的にふるまう★ …続きを読む
    キムチ27
    2021年01月21日
    81人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品