メディアワークス文庫

この終末、ぼくらは100日だけの恋をする

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
290
ISBN:
9784048935838
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

メディアワークス文庫

この終末、ぼくらは100日だけの恋をする

  • 著者 似鳥 航一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
290
ISBN:
9784048935838

“100日間”の意味を知ったとき、せつない恋が動き出す奇跡の恋愛物語。

 高校二年の僕が一目惚れした女の子。僕とは正反対の、物静かで不思議な魅力をもつ彼女への告白は、あっさり断られた。はずだった。
 卒業から一年とすこし後。目の前に突然現れた彼女は、それがまるで運命であるかのようにこう告げる――。
「100日間だけ、いっしょに住みませんか?」
 二人きり、ひとつ屋根の下で始まった田舎での共同生活。時を重ねるほどに近づくぼくらの距離。しかし、彼女は大きな秘密を抱えていて――。
“100日間”に隠された意味を知ったとき、せつない恋の物語が動き出す奇跡の恋愛小説。


メディアミックス情報

NEWS

「この終末、ぼくらは100日だけの恋をする」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ふわっとした感じのSF恋愛小説。地に足がついていないというか、リアリティがなさすぎて残念ながらのめりこむことはできなかった。 ふわっとした感じのSF恋愛小説。地に足がついていないというか、リアリティがなさすぎて残念ながらのめりこむことはできなかった。
    佐島楓@勉強中
    2018年01月16日
    54人がナイス!しています
  • まずこんなにも寂しいという気持ちで一杯になる小説に出会ったのは久々でした。もし“使者”から自分が1年後に消えることを宣告されたら私ならどう受け入れるのか、最後の1日にはどのようなことを思ってこの世界と まずこんなにも寂しいという気持ちで一杯になる小説に出会ったのは久々でした。もし“使者”から自分が1年後に消えることを宣告されたら私ならどう受け入れるのか、最後の1日にはどのようなことを思ってこの世界と別れるのかと思わず想像しながら読んでしまった。また思い出を犠牲にして寿命を延ばすというのも残酷な気がする。死に対する概念に寂しさを感じた物語でしたが、ラストの悠木と凪の行方に関しては希望のある締め方だったかなと。似鳥さんにしては異色作だったけど、相変わらず作中の食べ物が気になってしまいました(^^;; …続きを読む
    ami*15
    2018年07月21日
    44人がナイス!しています
  • 人が突然消失するのが日常化した世界。孤独だった悠木が高校時代に一目惚れするもあっさり振られた女の子・凪。卒業から一年と少し後、目の前に突然現れた彼女から100日間だけ一緒に共同性活を提案される恋愛小説 人が突然消失するのが日常化した世界。孤独だった悠木が高校時代に一目惚れするもあっさり振られた女の子・凪。卒業から一年と少し後、目の前に突然現れた彼女から100日間だけ一緒に共同性活を提案される恋愛小説。困惑しながらも始まった二人きり、ひとつ屋根の下で始まった田舎での共同生活。過ごすうちに再び凪にどんどん惹かれてゆく悠木、素敵になった凪と過去の真相。凪が共同生活を提案した理由が明らかになってからは、寄り添う二人の想いが切なかったですが、それでも終わってみれば本当に良かったという思いしかない素敵な結末でした。 …続きを読む
    よっち
    2017年12月22日
    44人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品