試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041064412

星降プラネタリウム

  • 著者 美奈川 護
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041064412

星が生まれる場所を知っているか――それは星の魔女の指先からだ

新入社員の昴が配属された先――それは、渋谷のプラネタリウム施設だった。希望とは違う所で働くことになった昴が「人は何のために星を見るのか」その答えを知るために、故郷を捨てた己と向き合っていく。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「星降プラネタリウム」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 星を通した優しさ溢れる物語。主人公の昴の成長していく姿は微笑ましく思えました。会社の同僚も星好きばかりで楽しそうな仲間。羨ましいですね。天音とは一緒にちゃんとなってほしかったな。そこが残念。ラストは、 星を通した優しさ溢れる物語。主人公の昴の成長していく姿は微笑ましく思えました。会社の同僚も星好きばかりで楽しそうな仲間。羨ましいですね。天音とは一緒にちゃんとなってほしかったな。そこが残念。ラストは、脳内で星空が浮かび、序章を思いだし、自然と涙がでました。(涙腺が弱いからね)星が好きな人はもちろん、星に詳しくなくても星空が情景に浮かびあがると思います。「人は、何のために星を見るのか」…自分を見つめ直すために見る。僕はそう思ってます。 …続きを読む
    しんごろ
    2019年02月23日
    191人がナイス!しています
  • 天の川が横たわっている星空の写真集のような夜空をこの目で見る事が出来たら、感動で言葉なんか出て来ないだろうなぁ。とりあえずプラネタリウムに行って来ようかな。 天の川が横たわっている星空の写真集のような夜空をこの目で見る事が出来たら、感動で言葉なんか出て来ないだろうなぁ。とりあえずプラネタリウムに行って来ようかな。
    ポチ
    2019年03月16日
    57人がナイス!しています
  • 観光地化された星空が素敵な島を捨てた渡久地昴が就職先で配属されたのはプラネタリウム事業課。複雑な思いを抱える彼が魔法使いのようにプラネタリウムの解説をする望月と出会う物語。観客を魅了する望月の手腕や、 観光地化された星空が素敵な島を捨てた渡久地昴が就職先で配属されたのはプラネタリウム事業課。複雑な思いを抱える彼が魔法使いのようにプラネタリウムの解説をする望月と出会う物語。観客を魅了する望月の手腕や、変わり者の同僚たちにも触発されて仕事に前向きになってゆく昴と、幼き日に約束を交わした天音の再会。いくつもの人間関係と星空への思いのバランスをうまく取りつつ描かれてゆくエピソードでしたが、様々な出会いから心境も少しずつ変わってゆく中、昴が担当することになった故郷の島での星空解説にはぐっと来るものがありました。 …続きを読む
    よっち
    2018年05月26日
    49人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品