試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041064412

星降プラネタリウム

  • 著者 美奈川 護
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041064412

星が生まれる場所を知っているか――それは星の魔女の指先からだ

新入社員の昴が配属された先――それは、渋谷のプラネタリウム施設だった。希望とは違う所で働くことになった昴が「人は何のために星を見るのか」その答えを知るために、故郷を捨てた己と向き合っていく。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「星降プラネタリウム」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 星を通した優しさ溢れる物語。主人公の昴の成長していく姿は微笑ましく思えました。会社の同僚も星好きばかりで楽しそうな仲間。羨ましいですね。天音とは一緒にちゃんとなってほしかったな。そこが残念。ラストは、 星を通した優しさ溢れる物語。主人公の昴の成長していく姿は微笑ましく思えました。会社の同僚も星好きばかりで楽しそうな仲間。羨ましいですね。天音とは一緒にちゃんとなってほしかったな。そこが残念。ラストは、脳内で星空が浮かび、序章を思いだし、自然と涙がでました。(涙腺が弱いからね)星が好きな人はもちろん、星に詳しくなくても星空が情景に浮かびあがると思います。「人は、何のために星を見るのか」…自分を見つめ直すために見る。僕はそう思ってます。 …続きを読む
    しんごろ
    2019年02月23日
    194人がナイス!しています
  • 花火師を描いた『ギンカムロ』の美奈川さん作品ですが、本作のテーマは星、星座、プラネタリウムです。最初から最後までとにかくロマンチックな作品で、プラネタリウムに行きたくなるコト必至ですし、リアルに天体観 花火師を描いた『ギンカムロ』の美奈川さん作品ですが、本作のテーマは星、星座、プラネタリウムです。最初から最後までとにかくロマンチックな作品で、プラネタリウムに行きたくなるコト必至ですし、リアルに天体観測もやってみたくなります。また作中に宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』も扱われ、そちらも読んでみたくなります。とにかくプラネタリウムに関するコトが詳しく書かれており、大変興味深く読めました。星と星座の元に色んなドラマが展開され、本作の主人公のように何らかの救いがあればいいですね。季節問わず、本当にステキな作品でした。 …続きを読む
    おしゃべりメガネ
    2021年01月17日
    121人がナイス!しています
  • 天の川が横たわっている星空の写真集のような夜空をこの目で見る事が出来たら、感動で言葉なんか出て来ないだろうなぁ。とりあえずプラネタリウムに行って来ようかな。 天の川が横たわっている星空の写真集のような夜空をこの目で見る事が出来たら、感動で言葉なんか出て来ないだろうなぁ。とりあえずプラネタリウムに行って来ようかな。
    ポチ
    2019年03月16日
    58人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品