カクレキリシタン 現代に生きる民俗信仰

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784044003500

カクレキリシタン 現代に生きる民俗信仰

  • 著者 宮崎 賢太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784044003500

長崎に今も、カクレキリシタンがいるのを知っていますか?

信仰の自由が認められている現代、長崎県下には今なお、潜伏時代の信仰を守る人々、カクレキリシタンがいる。
だが、彼らは隠れてもいなければキリシタンでもない。
その信仰世界は、キリスト教徒大きく異なり、神や儀礼、唱文などは、日本の伝統的な先祖崇拝や生活と融合し、独自の民俗宗教へと変貌していた。
秘蔵の像や行事の様子など、貴重な写真を多数掲載。
圧巻のフィールドワークで、知られざる「独自宗教」を活写する。

【目次】
はじめに

改訂増補にさいして

第一章 カクレキリシタンとは何か
1 カクレキリシタン研究の足跡
2 「潜伏キリシタン」と「カクレキリシタン」
3 「隠れキリシタン」か「カクレキリシタン」か
4 カクレキリシタンに対するイメージの転換
5 潜伏時代とキリシタン崩れ
6 キリシタンの復活とカクレキリシタンの出現 

第二章 カクレキリシタンの分布
1 潜伏キリシタンの分布 
2 現在のカクレキリシタンの分布 

第三章 生月島のカクレキリシタン
1 生月キリシタンの歴史
2 生月のカクレキリシタン組織
3 生月のオラショオラショの意義
4 生月のカクレキリシタン行事
5 生月カクレキリシタンの神観念

第四章 平戸島のカクレキリシタン
1 平戸キリシタンの歴史
2 平戸カクレキリシタンの分布
3 根獅子のカクレキリシタン
4 飯良のカクレキリシタン
5 草積のカクレキリシタン
6 下中野のカクレキリシタン
7 春日のカクレキリシタン
8 獅子のカクレキリシタン
9 油水・中の原・大久保・中の崎のカクレキリシタン
10 霊山安満岳

第五章 五島のカクレキリシタン
1 外海潜伏キリシタンの五島移住
2 若松町築地・横瀬のカクレキリシタン
3 若松島有福のカクレキリシタン
4 奈留島のカクレキリシタン
5 福江島宮原のカクレキリシタン
6 福江島のその他のカクレキリシタン

第六章 長崎のカクレキリシタン
1 家野町のカクレキリシタン
2 岳路のカクレキリシタン

第七章 外海のカクレキリシタン
1 外海キリシタンの歴史
2 出津のカクレキリシタン
3 黒崎のカクレキリシタン

第八章 カクレキリシタンの解散とその未来
1 なぜカトリックに戻らないのか
2 消えゆくカクレキリシタン
3 カクレキリシタンにおける解散の意味
4 解散後の神様の取り扱い

おわりに


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「カクレキリシタン 現代に生きる民俗信仰」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「隠れキリシタン」ではない。現在の「カクレキリシタン」はもう隠れておらず、その必要もない。本書を読むとわかるが、江戸時代に長期間潜伏していたせいでその信仰内容はカトリックとはほど遠いものとなり、すでに 「隠れキリシタン」ではない。現在の「カクレキリシタン」はもう隠れておらず、その必要もない。本書を読むとわかるが、江戸時代に長期間潜伏していたせいでその信仰内容はカトリックとはほど遠いものとなり、すでに独自の民族宗教と化している。本書中、幾度も言及されるが、カクレの人々は「先祖のやり方を受け継ぐ」という事に重点を置き、僅かに残るカトリックの名残についても彼ら自身しっかりとした認識があるわけではない。「キリスト教の土着化」について言及した、優れた民俗学の書。しかし、重複が多く、いささかうんざりする面も。 …続きを読む
    筑紫の國造
    2019年06月21日
    6人がナイス!しています
  • 現在のカクレキリシタンという存在は、「タタリ」等の極々日本的な動機の下に成り立つ先祖崇拝教、民族宗教の一つだということはよくわかった。それを、あたかも純粋な宗教的事象だと言葉巧みに宣伝し世界遺産として 現在のカクレキリシタンという存在は、「タタリ」等の極々日本的な動機の下に成り立つ先祖崇拝教、民族宗教の一つだということはよくわかった。それを、あたかも純粋な宗教的事象だと言葉巧みに宣伝し世界遺産として金儲けを企む輩。なんでも儲けのネタにするヒトの性が、哀しい。さて、彼らは、遠藤周作の「沈黙」、山本音也の「コロビマス」、小嵐九八郎の「天のお父っとなぜに見捨てる」とかを読むのだろうか?また、スコセッシの「沈黙-サイレンス」を見たら何を感じるだろうか? おそらく自分とは関係のない世界の出来事だと思うんだろうな。 …続きを読む
    林克也
    2018年05月12日
    1人がナイス!しています
  • 今「カクレ」と呼ばれる人々はもはやキリスト教とは全く異なる独自の風習を築き、ただの近所づきあい的な感覚で宗教行事などを執り行ったりしている(それでいて辞めたら祟られるのではという恐怖心だけ残ってしまっ 今「カクレ」と呼ばれる人々はもはやキリスト教とは全く異なる独自の風習を築き、ただの近所づきあい的な感覚で宗教行事などを執り行ったりしている(それでいて辞めたら祟られるのではという恐怖心だけ残ってしまっているのは不憫)というのがよくわかった。かつて死ぬほど迫害されたカクレキリシタンの信仰ってなんだったんだろうっていう、わたしが最も関心を持っている点については特に書かれていなかったけど、まあそんなことは誰にも調べることなんてできないのだろう。現代においてどういう形で遺っているかということは知ることができた。 …続きを読む
    sika_meter
    2019年02月24日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

宮崎 賢太郎

1950年長崎市生。東京大学文学部卒、同大大学院修士課程中途退学。
カクレキリシタンの信仰世界を実地調査しながら、日本人のキリスト教受容の歴史を研究している。

最近チェックした商品