潜伏キリシタンは何を信じていたのか

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年02月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784044003456

潜伏キリシタンは何を信じていたのか

  • 著者 宮崎 賢太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年02月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784044003456

ゼ十ス様、丸や様とはだれか? 通説を覆すおどろきの信仰世界が明らかに

230年の長きにわたり、信仰を守った潜伏キリシタン。2018年6月には世界遺産登録も予定されている。しかし本当に彼らはキリシタンを唯一の宗教としていたのだろうか。潜伏キリシタンの驚きの姿を明らかにする

もくじ

第一章 夢とロマンのキリシタン史
第二章 キリシタンに改宗するとは 
第三章 改宗後のキリシタン信仰の姿
第四章 潜伏時代のキリシタン信仰
第五章 創作された二つの奇跡 -バスチャン伝承と信徒発見の新解釈―
第六章 再生した復活キリシタン
第七章 潜伏キリシタンからカクレキリシタンへ
第八章 カクレキリシタンの神とは
第九章 復活キリシタン教会とその信仰
第十章 日本ではなぜキリスト教徒は増えないのか

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「潜伏キリシタンは何を信じていたのか」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 長年長崎のキリシタンを研究してきた著者の現地調査を踏まえた労作ではあるが、同意できる部分は少ない。筆者は潜伏キリシタンたちの信じていたものはキリスト教ではなく土着宗教に化していた。キリスト教への理解も 長年長崎のキリシタンを研究してきた著者の現地調査を踏まえた労作ではあるが、同意できる部分は少ない。筆者は潜伏キリシタンたちの信じていたものはキリスト教ではなく土着宗教に化していた。キリスト教への理解もオラショの意味も分からないまま先祖から受け継いだだけだであり、キリスト教ではなかったと断ずるが、そもそも宗教とはそういうものだろう。先祖の供養が中心の日本仏教は、輪廻転生からの解脱である悟りを目的とした釈迦の唱えた仏教徒はかけ離れたもので、とても仏教と呼べるものではないだろう。デウスを大日と、サンタマリヤを …続きを読む
    ハイランド
    2018年08月21日
    65人がナイス!しています
  • 230年間、一人の指導者もいない中で信仰を保つことなどありえないことです。大浦天主堂に現れた潜伏していた浦上のキリシタン信徒たちが、「サンタマリアの御像はどこ?」と本当に言ったのか?この信徒発見の話は 230年間、一人の指導者もいない中で信仰を保つことなどありえないことです。大浦天主堂に現れた潜伏していた浦上のキリシタン信徒たちが、「サンタマリアの御像はどこ?」と本当に言ったのか?この信徒発見の話は、私は以前から疑問に思っていました。彼らの信仰は、キリスト教とはみなせぬほど異宗化したものであったことは間違いなく、長文の祈りはただ暗記しているだけで、意味は分からない。キリシタンたちは命がけで信仰を守り通したが、その信仰はキリシタンとは呼ぶことのできない別のものであった、という考え、そのとおりだと思います。 …続きを読む
    それいゆ
    2018年09月30日
    48人がナイス!しています
  • 知りたかったことにかなり応えてくれた本だった。禁教時代における潜伏キリシタンの「信仰」実態の分析、幕末の「信徒発見」とその後のカトリック復帰の経過、現代の「カクレキリシタン」について。限られた史料で確 知りたかったことにかなり応えてくれた本だった。禁教時代における潜伏キリシタンの「信仰」実態の分析、幕末の「信徒発見」とその後のカトリック復帰の経過、現代の「カクレキリシタン」について。限られた史料で確かに著者の推測も入っているが、私としては納得できる結論。一般的な切支丹のイメージは裏切るかも知れないが、著者の意図はその「信仰」自体を否定したり貶めたりすることではないだろう。過剰な美化を排除して初めて見えてくるものがある。それは日本におけるキリスト教受容の問題に欠かせない視点だと思う。 …続きを読む
    水無月
    2020年01月30日
    32人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品