角川ソフィア文庫

悩ましい国語辞典

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784044003487
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川ソフィア文庫

悩ましい国語辞典

  • 著者 神永 曉
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784044003487

舌鼓は「したつづみ」か「したづつみ」か? 編集者泣かせの日本語表現。

辞書編集37年の立場から、言葉が生きていることを実証的に解説。意外だが、江戸時代にも使われた「まじ」。「お母さん」は、江戸後期に関西で使われていたが、明治の国定読本で一気に全国に。「がっつり」「ざっくり」「真逆」は最近使われ出した新しい言葉……。思いがけない形で時代と共に変化する言葉を、どの時点で切り取り記述するかが腕の見せ所。編集者を悩ませる日本語の不思議に迫る、蘊蓄満載のエッセイ。

もくじ

はじめに
凡例
本文 あ~ん
辞書編集者の仕事
参考文献
文庫版あとがき


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「悩ましい国語辞典」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 辞書編集者の目線(小学館国語大辞典というOEDと似たコーパスベースというか用例を集める辞典の編集者というところがみそ)による誤用と思しき、あるいは意味の変化が大きい言葉のあれこれにコメントしていく。規 辞書編集者の目線(小学館国語大辞典というOEDと似たコーパスベースというか用例を集める辞典の編集者というところがみそ)による誤用と思しき、あるいは意味の変化が大きい言葉のあれこれにコメントしていく。規範文法がない日本語で間違いと言い切るのはそろそろ無理があるでしょ?派なんだけど、まぁこれはその語源に対するリスペクトも含めてのこだわりは読んでいて楽しいと思う。日本語を普段使う人は読んでおいて損はない楽しい一冊。 …続きを読む
    Koning
    2019年03月21日
    31人がナイス!しています
  • 日本語の奥深さを再び味わう。語源や使われだした時期など、日本語の意味深長さがうかがえる。 日本語の奥深さを再び味わう。語源や使われだした時期など、日本語の意味深長さがうかがえる。
    garakuta
    2019年03月08日
    8人がナイス!しています
  • 辞書編集を担当してきた著者による日本語にまつわるエッセイ。エッセイだから語り口が軽くてどんどん読み進められる。クイズ番組でよくある正しい日本語の問題とか、時代とともに意味や音が変わる言葉とか。言葉って 辞書編集を担当してきた著者による日本語にまつわるエッセイ。エッセイだから語り口が軽くてどんどん読み進められる。クイズ番組でよくある正しい日本語の問題とか、時代とともに意味や音が変わる言葉とか。言葉ってやっぱり生き物なんだと改めて感じる。辞書編集の裏側の話も載っていて面白かった。「舟を編む」を読んだ人なら面白く読める気がします。 …続きを読む
    しょうゆ
    2019年04月24日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品