試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784044003487

悩ましい国語辞典

  • 著者 神永 曉
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784044003487

舌鼓は「したつづみ」か「したづつみ」か? 編集者泣かせの日本語表現。

辞書編集37年の立場から、言葉が生きていることを実証的に解説。意外だが、江戸時代にも使われた「まじ」。「お母さん」は、江戸後期に関西で使われていたが、明治の国定読本で一気に全国に。「がっつり」「ざっくり」「真逆」は最近使われ出した新しい言葉……。思いがけない形で時代と共に変化する言葉を、どの時点で切り取り記述するかが腕の見せ所。編集者を悩ませる日本語の不思議に迫る、蘊蓄満載のエッセイ。
カズレーザーさんが「激ハマリ本」としてテレビで紹介!!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

はじめに
凡例
本文 あ~ん
辞書編集者の仕事
参考文献
文庫版あとがき

メディアミックス情報

NEWS

「悩ましい国語辞典」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 日本語がゆれている、というより、言葉は時代を経て変化していくもの。辞典によって扱いがちがう例が、こんなにあるのか、という驚き。何気なく(あるいは何気に?)使っている日本語が誤用に満ちていて、しかも「誤 日本語がゆれている、というより、言葉は時代を経て変化していくもの。辞典によって扱いがちがう例が、こんなにあるのか、という驚き。何気なく(あるいは何気に?)使っている日本語が誤用に満ちていて、しかも「誤用」が多数派になると、もはや元に戻らない。これこそ言葉の変化の現場そのものだ。辞書はどこまで「正しい」とすることができるか。「悩ましい」という言葉自体、意味がゆれている言葉であるところが、絶妙なタイトルのネーミングだ。悩むという意味にどの程度、官能的なニュアンスを読み取るか、パーセントで表現してみては? …続きを読む
    へくとぱすかる
    2021年09月10日
    69人がナイス!しています
  • 長年、辞書の編集に携わってきた筆者が、誤用を招きやすい言葉の数々について辞書的にはどう扱うかを述べたコラム集。言葉本来の意味を貫くべきか、世の中に広く浸透している意味を認めるべきか、確かに辞書を作る側 長年、辞書の編集に携わってきた筆者が、誤用を招きやすい言葉の数々について辞書的にはどう扱うかを述べたコラム集。言葉本来の意味を貫くべきか、世の中に広く浸透している意味を認めるべきか、確かに辞書を作る側としては悩ましい問題だ。どうするかは出版社によって方針が異なる。「灯台下暗し」の灯台は海岸にある灯台ではないのだそうだ。おそらく多くの人が誤解しているはず。でも、辞書作りのプロでも誤用や誤解はあるそうで、それを聞くと少しホッとする。さて皆さん、シャベルとスコップ、どっちが大きい物と思っています? …続きを読む
    future4227
    2022年03月16日
    47人がナイス!しています
  • 辞書編集者の目線(小学館国語大辞典というOEDと似たコーパスベースというか用例を集める辞典の編集者というところがみそ)による誤用と思しき、あるいは意味の変化が大きい言葉のあれこれにコメントしていく。規 辞書編集者の目線(小学館国語大辞典というOEDと似たコーパスベースというか用例を集める辞典の編集者というところがみそ)による誤用と思しき、あるいは意味の変化が大きい言葉のあれこれにコメントしていく。規範文法がない日本語で間違いと言い切るのはそろそろ無理があるでしょ?派なんだけど、まぁこれはその語源に対するリスペクトも含めてのこだわりは読んでいて楽しいと思う。日本語を普段使う人は読んでおいて損はない楽しい一冊。 …続きを読む
    Koning
    2019年03月21日
    34人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品