第23回日本ホラー小説大賞〈優秀賞〉

角川ホラー文庫

きみといたい、朽ち果てるまで

混沌とした街で懸命に生きる少年と少女の出会いと別れ――究極の恋愛小説。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041063460
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

第23回日本ホラー小説大賞〈優秀賞〉

角川ホラー文庫

きみといたい、朽ち果てるまで

混沌とした街で懸命に生きる少年と少女の出会いと別れ――究極の恋愛小説。

  • 著者 坊木 椎哉
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041063460

混沌とした街で懸命に生きる少年と少女の出会いと別れ――究極の恋愛小説。

第23回日本ホラー小説大賞〈優秀賞〉受賞作。かつてこんなにも凄絶で美しいエンディングがあっただろうか――選考委員も絶賛した、生と死、夢と絶望が同居する混沌とした街で繰り広げられる、壊れたながらも究極に美しいボーイ・ミーツ・ガールの物語。

デビュー作、2社同時刊行!

おすすめコメント

第23回日本ホラー小説大賞〈優秀賞〉を受賞された坊木さんは、実はその前に、集英社主催の第1回ジャンプホラー小説大賞〈銅賞〉を受賞されていました。ちょうど集英社でも新刊を準備しているとのことで、それならば時期を合わせましょうということになり、さらに、イラスト、デザインも合わせて……と、どんどん話が膨らみ、このたび、姉妹のような素敵な2冊が出来上がりました。
――担当編集者より

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

本作品PV

「この世で最後のデートをきみと」PV

「きみといたい、朽ち果てるまで」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 疎外された人々が流れ着くイタギリという街で生まれ育った晴史は、「ごみ収集」の仕事中によく見かけていた少女のシズクとやがて言葉を交わす仲になるが…、と言ったお話です。物語の内容とその描写もあってか、正直 疎外された人々が流れ着くイタギリという街で生まれ育った晴史は、「ごみ収集」の仕事中によく見かけていた少女のシズクとやがて言葉を交わす仲になるが…、と言ったお話です。物語の内容とその描写もあってか、正直な所決して読んでいて気分のいい作品では無かったですが、その救われない話の中での晴史とシズクの有り様は純粋さの様な物があったのかなとは思えました。それにしても…、な内容と結末ではありましたが。そう思いながらも最後までページを捲る速度が鈍らない読ませる作品ではありました。次回作等も機会があれば読んでみたいと。 …続きを読む
    まるぼろ
    2018年09月23日
    16人がナイス!しています
  • 尖った瑞々しい文章で「イタギリ」という町の描写を克明に描き切っているところがいいなぁと思った。スラム街のような泥臭さや喧噪、濃密な空気が見事に感じられる。主人公の最後のシズクとのお別れが物悲しかったが 尖った瑞々しい文章で「イタギリ」という町の描写を克明に描き切っているところがいいなぁと思った。スラム街のような泥臭さや喧噪、濃密な空気が見事に感じられる。主人公の最後のシズクとのお別れが物悲しかったがこのレーベルにぴったりだなという印象。 …続きを読む
    マッキー
    2019年02月14日
    14人がナイス!しています
  • 荒廃した街イタギリを舞台に、ゴミ処理を生業とする主人公晴史とその仲間、そしてヒロインであるシズクの様子が描かれた作品。小説家志望である登場人物の一人が「小説ってのはね」と語る場面などは、小説に対する作 荒廃した街イタギリを舞台に、ゴミ処理を生業とする主人公晴史とその仲間、そしてヒロインであるシズクの様子が描かれた作品。小説家志望である登場人物の一人が「小説ってのはね」と語る場面などは、小説に対する作者自身の考えが窺えて面白かった。感動できるホラーを読みたくて手に取ったのだが、終盤の晴史とシズクの描写はまさにホラーである一方、感動できる要素に乏しいという印象を受けた。もっと泣ける物語を期待していたんだけどなあ。 …続きを読む
    カスム
    2018年10月01日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

感想をつづるのが難しい。きっと他の誰にも描くことのできない終わり方がとても美しかった。過去にも何度か読者モニターに当選しておりいろいろな作品を拝読しておりますが、発売されたら絶対に購入したいと思ったものはこれが初めてでした。きっと万人に愛される作品ではないけれど、私はとても好きです。――はる

ああ怖かった。読んでいて常にどこか不穏な空気が漂っていて、すぐそこにどうしようもない絶望感が横たわっているんじゃないかと、ドキドキしながら読みました。そんな空気感の中にも明るさを宿していたのが、とても魅力的な登場人物たち。ラストシーンはすごく素敵で、美しく、大好きな終わり方でした。――ハスキー次郎

登場人物達の迎える壮絶な運命。絶望の渦中から希望へと手を伸ばそうとする人々の心。そしてラスト24ページに描かれる静かでもある展開と開示される感情の中身には、落涙を禁じ得なかった。素晴らしく異常で純粋な恋愛小説であった。――戎橋焼き肉

著者紹介

坊木 椎哉(ぼうき・しいや)

1975年新潟生まれ。新潟大学中途退学、現在会社勤務。2015年ジャンプホラー小説大賞「ピュグマリオンは種を撒く」で銅賞を受賞。16年「黄金色の炎と213号室の雫」で、第23回日本ホラー小説大賞優秀賞を受賞。

最近チェックした商品