試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年11月13日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041063194

霧笛荘夜話 新装版

  • 著者 浅田 次郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年11月13日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041063194

名手・浅田次郎がおくる、ロマンと人情あふれる七つの物語

とある港町、運河のほとりの古アパート「霧笛荘」。誰もが初めは不幸に追い立てられ、行き場を失ってここにたどり着く。だが、霧笛荘での暮らしの中で、住人たちはそれぞれに人生の真実に気付き始める――。

メディアミックス情報

NEWS

「霧笛荘夜話 新装版」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 町外れのボロアパートからこんこんと湧き出るロマン。大家の老婆、そして過去の住人たち、不幸のどん詰まりで行き着く最後の場所だというけれど、選ばれし者しか扉を開けることは叶わない。いくら私が霧笛荘に住みた 町外れのボロアパートからこんこんと湧き出るロマン。大家の老婆、そして過去の住人たち、不幸のどん詰まりで行き着く最後の場所だというけれど、選ばれし者しか扉を開けることは叶わない。いくら私が霧笛荘に住みたいと思ったって絶対にたどり着けない。私はまだまだ自分へのご褒美を狙っている。そういう邪な気持ちがあったら絶対に霧笛荘で暮らすことはできない。老婆太太が来訪者に言う「ここの住人は決して不幸ではなかった」の言葉が響く。末期はそれぞれでも彼らは精一杯生き抜いた。霧と温もりが全てを赦し貴方を優しく包む、そんな霧笛荘。 …続きを読む
    shizuka
    2018年04月16日
    67人がナイス!しています
  • とある港町、運河のほとりにある古アパート霧笛。作りも住人も管理人も一風変わっている。死に損ないやら… 第三話の朝日のあたる部屋が良かった。 とある港町、運河のほとりにある古アパート霧笛。作りも住人も管理人も一風変わっている。死に損ないやら… 第三話の朝日のあたる部屋が良かった。
    バニラン
    2018年03月27日
    63人がナイス!しています
  • 浅田次郎氏の連作短編集。久し振りに読書を楽しませてもらった。浅田氏の良さの詰まった作品。どの住民も好ましい。強さより弱さに人の魅力はあるのではないかと浅田氏の作品を読む度に感じる。隣人が少しずつ干渉し 浅田次郎氏の連作短編集。久し振りに読書を楽しませてもらった。浅田氏の良さの詰まった作品。どの住民も好ましい。強さより弱さに人の魅力はあるのではないかと浅田氏の作品を読む度に感じる。隣人が少しずつ干渉し合い、時に大きく関わりながら生きる様はとても愛おしい。関係ないけど最期は6畳に収まる様に、物も心も整理して逝きたい。また読みたい。★★★★☆ …続きを読む
    Take@磨穿鉄靴
    2019年12月21日
    56人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品