ふしぎの国のバード 4巻 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2017年11月15日
商品形態:
電子書籍

ふしぎの国のバード 4巻

  • 著者 佐々 大河
発売日:
2017年11月15日
商品形態:
電子書籍

近代都市、山形を旅する!

近代都市、山形を満喫するバードと伊藤。
しかし、伊藤のもとに、元雇い主・マリーズからの手紙が届く。
遥かなる蝦夷を目指す、ふたりの旅はどうなってしまうのか? 
大人気・日本発見紀行、第4弾!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ふしぎの国のバード 4巻」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • イザベラ・バードの「日本奥地紀行」を漫画化した作品。通訳兼ガイドの伊藤の過去。越後街道から山形までの旅を描く。漫画という形態をとることで、明治初期の日本の地方の様子をビジュアルで見ることが出来る。歩荷 イザベラ・バードの「日本奥地紀行」を漫画化した作品。通訳兼ガイドの伊藤の過去。越後街道から山形までの旅を描く。漫画という形態をとることで、明治初期の日本の地方の様子をビジュアルで見ることが出来る。歩荷の存在。イタコに通ずる口寄せ。西洋列強の圧力で開国を余儀なくされた日本が、独立を維持すべく欧化を急ぐ政策と、民衆の混乱。原書にもイザベラ・バードのスケッチが載っており、比較するとより面白い。何より、「日本奥地紀行」の知名度を上げ、明治初期の日本の生活様式等への興味の入り口を広げた事に、本作の功績があると思う。 …続きを読む
    yoshida
    2017年11月18日
    150人がナイス!しています
  • やっと4作目が出されました。まだまだ山形県が中心で北海道までかなり続くのでしょう。今回はバードの日本人のつきびとであるとともに案内人の過去が明らかにされていきます。その人物と別のプランとハンターとのつ やっと4作目が出されました。まだまだ山形県が中心で北海道までかなり続くのでしょう。今回はバードの日本人のつきびとであるとともに案内人の過去が明らかにされていきます。その人物と別のプランとハンターとのつながりもあったりして物語として単なる紀行記ではなく楽しませてもくれます。私はバードの「日本奥地紀行」を読んでいますが、それよりも楽しめます。 …続きを読む
    KAZOO
    2017年11月27日
    105人がナイス!しています
  • だいぶ前に買って読んでいたのですが、すっかり忘れてしまっていたので、今回登録します。ふしぎの国シリーズ4巻目。今回の旅の工程は、新潟から山形までの途中です。「伊藤」の前の雇い主「マリーズ」の態度はこの だいぶ前に買って読んでいたのですが、すっかり忘れてしまっていたので、今回登録します。ふしぎの国シリーズ4巻目。今回の旅の工程は、新潟から山形までの途中です。「伊藤」の前の雇い主「マリーズ」の態度はこの時代のイギリス人が、日本人に対して抱いていた感情そのままですね。伊藤に対して、執拗に関わりを待ってくる事でしょう。越後街道でバードは「歩荷」の「おゆう」に出会う。バードはおゆうの優しさに触れ、友人となる。バードの体調にも変化が出始めるが、どうなるのでしょうか。次巻はバードの過去の物語から始まります。 …続きを読む
    桜父
    2018年03月10日
    71人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品