試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年02月14日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
196
ISBN:
9784047367685

ふしぎの国のバード 9巻

  • 著者 佐々 大河
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年02月14日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
196
ISBN:
9784047367685

秋田から青森へ。本州最後の旅へ、出発!

1878年6月。
横浜からはじまった英国人冒険家イザベラ・バードの旅は
日光から新潟を通り、秋田を抜けて、ついに本州最北の地・青森へ。

梅雨の東北地方でバードを待っていたのは
降り続く雨と、荒れ狂う川。
そして、その過酷な自然の中であっても、工夫を凝らして生きる
日本人のたくましさだった。
東北編最終章の第9巻!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ふしぎの国のバード 9巻」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 蝦夷の地へ向かうも碇ヶ関で土砂崩れに合い動きが取れなくなる。満身創痍のバードだが負傷者の救護を行う。日本の生活・文化・技術・世界観が災害が多いこの地だからこそそれが起源になっているという事はバードさん 蝦夷の地へ向かうも碇ヶ関で土砂崩れに合い動きが取れなくなる。満身創痍のバードだが負傷者の救護を行う。日本の生活・文化・技術・世界観が災害が多いこの地だからこそそれが起源になっているという事はバードさんだけでなく興味深く、今でもそれを感じる場面はある気がする。取越正月の風習は知らなかった。黒石でのキリスト教徒の話は戊辰戦争がきっかけで信仰に目覚めたという話だが、いつの世も戦争は狂気を生むというのが恐ろしい。函館に着きヘボン先生とユースデン英国領事に出合う。~続く~ …続きを読む
    なっぱaaua
    2022年04月03日
    46人がナイス!しています
  • 青森を前にしての災厄、そこで見る「日本人」(で、いいんだよなぁ?)の自然への敬虔なる思い、山の恵みで暮らしているからこそ山の怒りを嘆くなどとんでもないと言う村長の言葉に、文明のあまねく万象の起源に気候 青森を前にしての災厄、そこで見る「日本人」(で、いいんだよなぁ?)の自然への敬虔なる思い、山の恵みで暮らしているからこそ山の怒りを嘆くなどとんでもないと言う村長の言葉に、文明のあまねく万象の起源に気候風土がある、バードの考えに何だか誇らしくなってしまった。けど、この時代から何十年とたった現代に生きる自分達は?取越正月は初めて知りました。戦争が狂わせる人間性、その狂気から救うのは自身の神への信仰。蝦夷の地でバードが語るアイヌへの興味の根源、それは旅の目的であり、次なる探求なんだろううなあ? …続きを読む
    まろんぱぱ♪ 
    2022年03月20日
    44人がナイス!しています
  • 5~8巻もだいぶ前に既読。過酷な旅程のうえバードさんの身体に爆弾を抱えながらも、なんとかヘボン先生の待つ函館へ。蝦夷ではどんな出会いがあるかな? honto 5~8巻もだいぶ前に既読。過酷な旅程のうえバードさんの身体に爆弾を抱えながらも、なんとかヘボン先生の待つ函館へ。蝦夷ではどんな出会いがあるかな? honto
    T. みぃた
    2022年02月28日
    24人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品