乙嫁語り 10巻

大迫力の鷹狩り! 12歳のカルルクが男を磨く、"男修業"編が描かれる。

  • 著者 森 薫

大迫力の鷹狩り! 12歳のカルルクが男を磨く、"男修業"編が描かれる。

4ヵ月の充電期間を終えて、連載再開した『乙嫁語り』! 第10巻の前半はカルルクが"男"になるべく修業をする"男修業"編。アミルの兄が暮らす冬の野営地へ行き、アゼル・ジョルク・バイマトの3人から鷹狩りを学びます。後半はアンカラへの旅を続けるスミスへ視点が移り、案内人アリとともに旅の様子が描かれていきます。お楽しみに!

コミック売上ランキング

最近チェックした商品