角川文庫

声も出せずに死んだんだ

第37回横溝正史ミステリ大賞<奨励賞>受賞作!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041061831
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

声も出せずに死んだんだ

第37回横溝正史ミステリ大賞<奨励賞>受賞作!

  • 著者 長谷川 也
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041061831

第37回横溝正史ミステリ大賞<奨励賞>受賞作!

思い知らせてやるんだ。ここに悲劇があったことを――。


レオナと呼ばれる少女が「殺された」。
その少女は生身の人間ではなく架空のキャラクターだったが、ほんの数ヶ月前まで、レオナは彼のすべてだった。
だが突然、レオナは「殺されて」しまったのだ。

彼女の死を嘲笑った世間を戦慄させるため、そしてレオナを蘇らせるため、吉永千裕は計画を練り始める。
犯行声明を動画配信サイトにアップロードし、ネットで知り合った星来(セイラ)を呼び出し誘拐を実行した千裕だったが、星来からの提案で、ある「勝負」を受けることになる。
それからふたりの、奇妙な旅がはじまった――。

千裕はいったい何を目論んでいるのか? 旅するふたりの「勝負」の行方は?
驚きと切なさに満ちたラストが胸を抉る青春ミステリ!
第37回横溝正史ミステリ大賞<奨励賞>受賞作。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「声も出せずに死んだんだ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ほんの数ヶ月前まで千裕の全てだったレオナ。突然殺された彼女の死を嘲笑う世間を戦慄させるため、そしてレオナを蘇らせるため計画を練り始める青春ミステリ。架空のキャラクター・レオナを軸に、アニメ化を目標に盛 ほんの数ヶ月前まで千裕の全てだったレオナ。突然殺された彼女の死を嘲笑う世間を戦慄させるため、そしてレオナを蘇らせるため計画を練り始める青春ミステリ。架空のキャラクター・レオナを軸に、アニメ化を目標に盛り上げてきた「レオナ・プロジェクト」の突然の終焉。計画の過程で知り合い共に旅することになった星来が提案したとある勝負。明らかになってゆく事情や、理解されず悲壮な決意を固める千裕と自らも苦い過去を持つ星来のやりとりは印象的で、その辺りを最終的にもう少しうまく昇華させられればもっと良かったですかね。次回作に期待。 …続きを読む
    よっち
    2017年12月13日
    38人がナイス!しています
  • なんだかよく分からなかった、というのが正直な感想。結局なにを伝えたかったのか。タイトルと表紙が素敵で、横溝正史ミステリ大賞受賞作ということもありハードルが上がっているにしても、これはなぁ。中身が追いつ なんだかよく分からなかった、というのが正直な感想。結局なにを伝えたかったのか。タイトルと表紙が素敵で、横溝正史ミステリ大賞受賞作ということもありハードルが上がっているにしても、これはなぁ。中身が追いついてない。オチもミステリ要素も弱く感じた。自分はだけど。 …続きを読む
    misa
    2019年05月17日
    24人がナイス!しています
  • 長谷川也作品初読み。架空キャラクターの レオナに夢中なチヒロの話。私には、あってなかった。 長谷川也作品初読み。架空キャラクターの レオナに夢中なチヒロの話。私には、あってなかった。
    るっぴ
    2018年02月09日
    24人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品