ポーツマスの贋作 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2017年12月21日
商品形態:
電子書籍

ポーツマスの贋作

  • 著者 井上 尚登
発売日:
2017年12月21日
商品形態:
電子書籍

ポーツマス講和会議の裏、一枚の贋作が歴史を変えた。歴史美術ミステリ!

日露戦争の行く末を決める講和会議。小村寿太郎はロシア全権ウィッテを相手に、戦略を練りあぐねていた。米国世論をロシアから切り離すのには、様々な工作が必要だった。そんな折、ユダヤ系の富豪ジョエルが崖から転落したとの連絡が。日本と親密な関係を持つ富豪の事故。ジョエルの別荘からは、北斎の贋作が発見される。その頃、パリで北斎の贋作を描いた日本人画家・塩田龍次郎は、呆然としていた。個展を前に絵が奪われたばかりか、何者かに追われる羽目に陥ったのだ―。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ポーツマスの贋作」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★☆☆_「きゃぷ衛門とゆく時の旅フェア」【西暦1905年明治時代─ポーツマス講和会議編】日露戦争の終着点、ポーツマス条約。「戦争に勝った」と言い張る日本と、「戦争に負けてない」と言い張るロシア。両 ★★★☆☆_「きゃぷ衛門とゆく時の旅フェア」【西暦1905年明治時代─ポーツマス講和会議編】日露戦争の終着点、ポーツマス条約。「戦争に勝った」と言い張る日本と、「戦争に負けてない」と言い張るロシア。両者の意見は噛み合わず、会議は平行線。その裏で、世界を股にかけた諜報戦が巻き起こる。この時の日本らしく、どれだけ窮乏にあえごうが、国民には余裕で勝っていると発言する。我慢強い気質の日本人だから成り立っていたが、それでもポーツマスの結果に国民は激怒する。しかし、その結果すら誰かの血が滲むものだったのかもしれない。 …続きを読む
    キャプテン
    2018年04月20日
    38人がナイス!しています
  • もう少しスパイ合戦っぽく、アクションやカタルシスとか期待してたけど、美術ミステリーの方が近いかな。パリ編は結構良かったけど、龍二郎、そのハニートラップはすぐ気付こうよと思った。随所の罠がわかりやすすぎ もう少しスパイ合戦っぽく、アクションやカタルシスとか期待してたけど、美術ミステリーの方が近いかな。パリ編は結構良かったけど、龍二郎、そのハニートラップはすぐ気付こうよと思った。随所の罠がわかりやすすぎなのがちょっと惜しい。 …続きを読む
    YH
    2018年12月19日
    3人がナイス!しています
  • 日露戦争後のポーツマス条約締結交渉の裏で繰り広げられる情報戦。なるほど興味は惹かれる。ただ、だまし合いが類型的で、肝心の暗号解読が具体性に乏しくてあまりに恣意的。ちょっと残念。 日露戦争後のポーツマス条約締結交渉の裏で繰り広げられる情報戦。なるほど興味は惹かれる。ただ、だまし合いが類型的で、肝心の暗号解読が具体性に乏しくてあまりに恣意的。ちょっと残念。
    汲平
    2018年02月01日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品