流れをつかむ日本史

関連作品有り

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年07月07日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
320
ISBN:
9784040821764

関連作品有り

流れをつかむ日本史

  • 著者 山本 博文
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年07月07日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
320
ISBN:
9784040821764

時代の転換点を押さえれば、歴史がわかる! 一気に捉え直す最新日本通史!

 時代が動くには理由がある。その転換点を押さえ、大きな流れの中で歴史を捉えることで、歴史の本質をつかむことができる--。
 日本列島に人類が住むようになった遥か三万数千年前の原始・古代時代から現代まで、各時代の特徴と、時代が推移した要因を解説。
 なぜそれが起きたのか、その時代に生きた人たちがどのように考えていたのか、史実の間の因果関係を丁寧に紐解いた、第一線の歴史家による最新日本通史!
(※本書は、2016年5月に小社から刊行された単行本『流れをつかむ日本の歴史』を大幅に改訂した角川新書版です)

■日本人はどこから来た?
■縄文時代と弥生時代はどこが違うか?
■邪馬台国はヤマト政権の源流か?
■奈良時代はなぜ政争が多いのか?
■院政はなぜ始まったのか?
■鎌倉幕府滅亡の最大の原因は?
■慶喜は、なぜ大政奉還を決意したのか?
■大正デモクラシーがなぜ戦争の時代につながったのか?
■アメリカ映画「パールハーバー」のウソとは?
■なぜ無謀にも、戦艦大和は沖縄へ向かったのか?
など

[もくじ]
序 章 日本史の流れ
第一部 原始・古代
第二部 中世
第三部 近世
第四部 近代
終 章 現代の日本と世界

メディアミックス情報

NEWS

「流れをつかむ日本史」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 日本の通史だが、最新の研究が盛り込まれており、話し言葉で書かれていることもあって読みやすかった。 日本の通史だが、最新の研究が盛り込まれており、話し言葉で書かれていることもあって読みやすかった。
    佐島楓
    2018年08月30日
    60人がナイス!しています
  • 『魏志』の「韓伝」に「韓は帯方郡の南にあって、東西海を以って限となし、南は倭と接す」という記述があり、これを素直に読めば、朝鮮半島の南部に「倭人」の住む国があったということになる。すなわち、揚子江下流 『魏志』の「韓伝」に「韓は帯方郡の南にあって、東西海を以って限となし、南は倭と接す」という記述があり、これを素直に読めば、朝鮮半島の南部に「倭人」の住む国があったということになる。すなわち、揚子江下流域由来の水稲農耕を受け入れたのは、朝鮮半島南部や日本列島に住む倭人たちだった。日本列島から朝鮮半島南部にまで国を作っていた倭人が、現在の日本人の先祖であることはいうまでもない。彼らは、どこから来たのか。旧石器時代、まだ大陸と陸続きだった日本列島に、東アジアの大陸方面から人が渡ってくる。 …続きを読む
    Kentaro
    2021年02月01日
    37人がナイス!しています
  • 後醍醐帝は自らの皇統を立てるために、言うことを聞かない鎌倉幕府を打倒したのか。だとしたら全くブレていないのが驚き。 後醍醐帝は自らの皇統を立てるために、言うことを聞かない鎌倉幕府を打倒したのか。だとしたら全くブレていないのが驚き。
    フク
    2018年09月22日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品