仕事の「生産性」はドイツ人に学べ 「効率」が上がる、「休日」が増える

関連作品有り

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年09月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784046021021

関連作品有り

仕事の「生産性」はドイツ人に学べ 「効率」が上がる、「休日」が増える

  • 著者 隅田 貫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年09月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784046021021

生産性を上げるヒントは、ドイツにある

日本よりも年300時間少なく働き、なぜドイツは「日本の1.5倍」 の生産性があるのか。
ドイツ・ビジネス業界に20年身を置いた著者が、一流ビジネスパーソンの生産性の秘密に迫る。

「そもそも残業しない、と決めている」
「決定はすぐやる、作業は明日でいい」
「会議は、その目的をはっきりさせる」
「休暇の予定を社内で見える化」
「“上下”の報・連・相は限定的」
「超・簡潔なメール文」……

こうした働き方の背景には、「労働を人生の中でどう位置づけているか」「自立・独立の意識」「優先順位をつける考え方」「コミュニケーションのとり方」など、日本とは違う考え方があると著者は分析します。
ひとつのヒントとして私たちが少し取り入れれば、生産性が高まり、快適な働き方に近づくことができるのです。

もくじ

はじめに なぜドイツ人から「生産性の高さ」を学ぶか――1つのヒントとして

序章 「生産性」――日本とドイツで差がつく理由
1章 「自立・独立の考え方」が生産性に直結 【意識】
2章 報告、会議「それは本当に必要?」【コミュニケーション】
3章 退社時刻を決める、優先順位を考える【時間管理】
4章 フラットな組織は「スピード」が速い【チーム】
5章 まず「休む」、その後に「仕事」がある 【生き方】

おわりに 日本人には「いいもの」がある。「少し変えるだけ」でいい

メディアミックス情報

NEWS

「仕事の「生産性」はドイツ人に学べ 「効率」が上がる、「休日」が増える」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ドイツ人は、残業を常態化しないために仕組みをしっかりつくってある。労働時間貯蓄制度だ。これは残業した時間を労働時間貯蓄口座に貯めておき、ある程度貯まったらたとえば有給休暇として使える制度。口座に貯めら ドイツ人は、残業を常態化しないために仕組みをしっかりつくってある。労働時間貯蓄制度だ。これは残業した時間を労働時間貯蓄口座に貯めておき、ある程度貯まったらたとえば有給休暇として使える制度。口座に貯められる残業時間や清算するための期間は企業ごとに異なり、なかには育児や介護のためにまとめて使う人もいる。ダイムラーでは子どものいる女性がキャリアを諦めないためにこの制度を利用する。あるマネージャーの女性は、出産後はフレックスと短時間勤務を組み合わせて週4日働き、残業することがあれば口座に貯めて他の日に使うそうだ。 …続きを読む
    Kentaro
    2020年01月25日
    44人がナイス!しています
  • ★★★★★Audible。再読予定。 ★★★★★Audible。再読予定。
    かず
    2018年04月19日
    31人がナイス!しています
  • ドイツでは法律(連邦休暇法)で社員には最低24日間の年次有給休暇が与えられるが、実際には多くの企業の有給が30日となっている。 その上、実際にほぼ全ての有給を消化しており、多くのドイツ人は夏に2〜4週 ドイツでは法律(連邦休暇法)で社員には最低24日間の年次有給休暇が与えられるが、実際には多くの企業の有給が30日となっている。 その上、実際にほぼ全ての有給を消化しており、多くのドイツ人は夏に2〜4週間、冬に1〜2週間の長期休暇を取って家族で海外に行く。 しかも、病欠する際の休暇と有給休暇は別だ。 あくまで有給休暇は休養の為にあり、病欠する場合にはその為の休暇が取れて給料が引かれる事もない。 …続きを読む
    アイスマン
    2017年12月18日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品