ドイツではそんなに働かない

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年05月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
256
ISBN:
9784040824109

ドイツではそんなに働かない

  • 著者 隅田 貫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年05月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
256
ISBN:
9784040824109

その仕事「本当に必要ですか?」

「労働時間が日本より300時間(/年)短くて、
時間当たり生産性が1.4倍」のドイツに学ぶ、働き方。

「決定はすぐやる、作業は明日」
「会議の目的をはっきりさせる」
「超・簡潔なメール」……

ドイツには、自立・独立の強い意識と、
人生の中での優先順位の明確なつけ方がある。

リモートワーク全盛で、働き方を否応なしに変えなければならない今、
ドイツのやり方をヒントにすれば、より快適な働き方・生き方に近づける。

【目次】
序 章 生産性、日本とドイツで差がつく理由
第1章 「自立・独立の考え方」が生産性に直結【意識】
第2章 報・連・相、会議……「それ本当に必要?」【コミュニケーション】
第3章 退社時刻を決める、優先順位を考える【時間管理】
第4章 フラットな組織は「スピード」が速い【チーム】
第5章 まず「休む」、その後に「仕事」がある【生き方】
第6章 リモートワークでも「日×独」式の働き方を


※本書は、小社より二〇一七年に刊行された『仕事の「生産性」はドイツ人に学べ』に加筆・改筆し、改題したものです。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

序 章 生産性、日本とドイツで差がつく理由
第1章 「自立・独立の考え方」が生産性に直結【意識】
第2章 報・連・相、会議……「それ本当に必要?」【コミュニケーション】
第3章 退社時刻を決める、優先順位を考える【時間管理】
第4章 フラットな組織は「スピード」が速い【チーム】
第5章 まず「休む」、その後に「仕事」がある【生き方】
第6章 リモートワークでも「日×独」式の働き方を

メディアミックス情報

NEWS

「ドイツではそんなに働かない」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • この本の趣旨は最初のほうに書かれている言葉に集約されています。すなわち「ドイツでは労働者の権利を重視するための休日を充実させ、1日の働く時間も厳格に決め労働者が働きやすい国を作り上げてきた。日本では消 この本の趣旨は最初のほうに書かれている言葉に集約されています。すなわち「ドイツでは労働者の権利を重視するための休日を充実させ、1日の働く時間も厳格に決め労働者が働きやすい国を作り上げてきた。日本では消費者としての権利を重んじたので「お客さは神様」という意識が強くなった。」と述べていることにつきます。確かに24時間コンビニを開けておくことが本当に経済全体のためにいいのかどうかを少し考えなおしたらと思いました。また最近の若い人は上司の顔色を窺って残業するということはあまりないので少しは変わってきてるのでしょう …続きを読む
    KAZOO
    2022年05月08日
    90人がナイス!しています
  • ・ゴールと役割。アサインメント ・出る杭は打たれるではなく、出ない杭は前に進まない。 ・指示せず渡したものは相手に任せたということ。後から文句言わない ・正しい意思決定に時間をかけすぎない。進んでから ・ゴールと役割。アサインメント ・出る杭は打たれるではなく、出ない杭は前に進まない。 ・指示せず渡したものは相手に任せたということ。後から文句言わない ・正しい意思決定に時間をかけすぎない。進んでから問題を解消する ・失敗はOK、失敗を隠すのはNG。超えたらアウトなボーダーラインでなく、ボーダーラインと超えたら対処する仕組みが必要。リスクはゼロでなくコントロールできるものに ・ドイツ人は異常に散歩好き。知人宅に遊びに行くと散歩に誘われ、ドイツ語テキストの最初に出てくる動詞は散歩 ・今日決めて明日作業する …続きを読む
    Kensuke Watanabe
    2022年06月18日
    2人がナイス!しています
  • 日本式の働き方に少なからず思うところもあり、一方のドイツ式の働き方・考え方には共感するところ多数なので自分はドイツで働くの向いてるかもと思えた。後半で述べられてるように日本とドイツのいいとこ取り・ハイ 日本式の働き方に少なからず思うところもあり、一方のドイツ式の働き方・考え方には共感するところ多数なので自分はドイツで働くの向いてるかもと思えた。後半で述べられてるように日本とドイツのいいとこ取り・ハイブリッドなやり方を作ることができればまだまだ生産性を諦めなくてもいいかもしれない。あと単純に、働きやすくするための仕組み・法律が整備されていたり、静かな時間をみんなで協力して作る国民性は羨ましい。ただまあ、あの国の新規感染者数とかの報道を見てると手放しで礼賛するのも違うかな…と。 …続きを読む
    なりたさま
    2021年11月20日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品