人生でほんとうに大切なこと がん専門の精神科医・清水研と患者たちの対話

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年10月19日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
200
ISBN:
9784040693903

人生でほんとうに大切なこと がん専門の精神科医・清水研と患者たちの対話

  • 著者 稲垣 麻由美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年10月19日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
200
ISBN:
9784040693903

NHKEテレ「あしたも晴れ!人生レシピ」 レジリエンス外来・清水研の本

がん宣告を受けると、多くの人はいやがおうにも死を意識し混乱する。そういう意味で、がんは非情な病である。本書に登場する患者さんも、がんと闘いながら、やがて自分自身の境遇に葛藤することになる。国立がん研究センター中央病院(築地)・精神腫瘍科長の清水研は、がん専門の精神科医として、これまで3000人以上の患者さんやその家族と、静かな水のような対話を続けてきた。入院患者だけでなく退院してからも清水との対話に通う人も多くいる。何度も対話を重ねるうちに、彼らは自分が負っている未解決な問題に気がつき、その解決に取り組み始める。ここに紹介する七人は、「小児がんで21歳で逝った大学生」「乳房全摘出を決意したモデル」「司法試験の前日にがんを発症・転移した青年」「ふたりの子供をもつ若いお母さん」「何不自由ない暮らしを送ってきた(はずの)主婦」「一人で喫茶店を経営してきた活発なママ」「全力で仕事をし、家族のヒーローとして頑張っているお父さん」だ。どの人も清水先生との対話によって、苦悩をほどき、人生の新しい扉を開いていった。――それは清水自身が若い頃から抱えていた心の鎖をほどいたのと同様だった。本書は、まだまだ知られていない精神腫瘍科の存在を知ってほしいという、ひとりのがん患者の切実な願いから生まれました。

もくじ

七人の患者さんの症例のほか、以下の内容が収録されています。
コラム1 精神腫瘍医という仕事
コラム2 「死の恐怖」とどう向き合えばよいのか
コラム3 人は自分自身の物語を生きている
コラム4 人は苦難を乗り越える力(レジリエンス)を持っている
「私が精神腫瘍医を続けている理由」清水研


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「人生でほんとうに大切なこと がん専門の精神科医・清水研と患者たちの対話」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 緩和ケアに関わっている方からおすすめされて、読んでみた。自分の人生でほんとうに大切なことって何か考えてみたいというのもあって。。精神腫瘍科って、あまり馴染みがなかったのですが、がん患者さんとその家族に 緩和ケアに関わっている方からおすすめされて、読んでみた。自分の人生でほんとうに大切なことって何か考えてみたいというのもあって。。精神腫瘍科って、あまり馴染みがなかったのですが、がん患者さんとその家族にとって時には必要なケアなんだと思いました。もちろん全ての医療機関でサイコオンコロジー専門の医療スタッフがいるわけではないので、緩和ケアに携わる看護師、コメディカル、様々な職種がこういった考え方をすこしでも日常の業務に取り入れられればいいなと思った次第です。自分自身、日々何の為に仕事を頑張っているのか。(続く) …続きを読む
    えみみ@ヒプマイ沼
    2018年06月26日
    12人がナイス!しています
  • 終末期の方が人生を振り返り後悔していることややり残したことを聞くと、誰にでも当てはまることは多いと思います。最期までにやらないで後悔することことを一つでも減らしたい思いました。 終末期の方が人生を振り返り後悔していることややり残したことを聞くと、誰にでも当てはまることは多いと思います。最期までにやらないで後悔することことを一つでも減らしたい思いました。
    マネコ(読後の錬本術)
    2019年03月28日
    8人がナイス!しています
  • 〇「精神腫瘍科(サイコオンコロジー)の存在を、がん患者とその家族に知ってもらいたい」●というがん患者の切実な願いから生まれた本書は、精神腫瘍科の清水医師が関わった7人のがん患者との対話を中心にしたノン 〇「精神腫瘍科(サイコオンコロジー)の存在を、がん患者とその家族に知ってもらいたい」●というがん患者の切実な願いから生まれた本書は、精神腫瘍科の清水医師が関わった7人のがん患者との対話を中心にしたノンフィクション。読みやすい文体で内容や用語も分かりやすかったと思う。もっと多くの人に読んでもらえたらいいのになぁ。●「あなはたご自分の人生を、語るに値しない、つまらないものだと思っていらっしゃるのですね」という聞き返しが深いかなと思った。レジリエンス、振り返って人生が意義あるものだったと肯定できることが大切。 …続きを読む
    OHモリ
    2018年04月19日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品