角川文庫

金魚姫

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041058343
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

角川文庫

金魚姫

  • 著者 荻原 浩
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041058343

直木賞作家の真骨頂! 笑って泣ける人間讃歌。

恋人にふられ、やりがいのない仕事に追われていた潤は、夏祭りで気まぐれにすくった琉金にリュウと名をつけた。その夜、部屋に赤い衣をまとった謎の美女が現れ、潤に問いかける。「どこだ」。どうやら金魚の化身らしい彼女は誰かを捜しているようだが、肝心な記憶を失い途方に暮れていた。突然始まった奇妙な同居生活に、潤はだんだん幸せを感じるように。しかし彼女にはある秘密があった。
温かくて切ない、ひと夏の運命の物語。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「金魚姫」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 優雅なファンタジー。主題は死生観?自殺願望、仏壇店勤務、死者が見えるなどの「死」と、愛する者を奪われた復讐のために生きる金魚のリュウや、リュウと主人公潤の親密さなど、好意でも敵意でも、やっぱり人は人を 優雅なファンタジー。主題は死生観?自殺願望、仏壇店勤務、死者が見えるなどの「死」と、愛する者を奪われた復讐のために生きる金魚のリュウや、リュウと主人公潤の親密さなど、好意でも敵意でも、やっぱり人は人を思っていれば生きていけるんだと思う。それが「生」。死と生を考えた話だと思う。「あなたは自分が傷つきやすいのは、繊細なハートの持ち主だからだと思っているんでしょ。違うよ。自分のことしか考えていないからだよ」「どんな小さなことにも、何気なく選んだ途にも意味がある。それと気づかなければ見逃してしまうすべてのことに」 …続きを読む
    ソルティ
    2018年12月03日
    200人がナイス!しています
  • ★★★★★18106 これ、面白かった!読んでるといつのまにか可笑しくって顔が緩んでしまうな〜んていうシーンあり、ちょっぴりハラハラするシーンあり、潤る潤るっていうシーンありと、ほんと良かったなぁ。や ★★★★★18106 これ、面白かった!読んでるといつのまにか可笑しくって顔が緩んでしまうな〜んていうシーンあり、ちょっぴりハラハラするシーンあり、潤る潤るっていうシーンありと、ほんと良かったなぁ。やっぱり荻原さんの作品はいいなぁ〜。夏祭りの出店の定番といえば金魚すくい。当方、やったことないんですよー。本作品は仏壇仏具屋で営業成績が良くない主人公の男性が金魚すくいで1匹の金魚を掬って家に持ち帰るのですが、なんと〜!と始まります。まじ、おススメです! (金魚飼いたくなったけどニャンがいるからなぁ〜〜) …続きを読む
    相田うえお
    2018年12月02日
    165人がナイス!しています
  • 最初人生に病んでいた潤が出店で買った金魚のリュウと生活を始めてからの生き生きとした変わり様にペットを飼うことのプラス効果を実感(笑)。やや退屈なシーンもあったけれど、結末の切なさに繋がるシーンだったか 最初人生に病んでいた潤が出店で買った金魚のリュウと生活を始めてからの生き生きとした変わり様にペットを飼うことのプラス効果を実感(笑)。やや退屈なシーンもあったけれど、結末の切なさに繋がるシーンだったかと納得。読者を魅了するような余韻の残し方はさすが荻原さん。自分の人生も家族も祖先も出会う人たちも繋がっていて、出会い別れ全て過去からの意味があるのかと思ったらかけがえのない人生、人との関わり、果ては仕事さえも愛することが出来るかもしれないと感じました。 …続きを読む
    2018年09月02日
    152人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

荻原 浩

1956年埼玉県生まれ。広告制作会社、コピーライターを経て、97年『オロロ畑でつかまえて』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。

この著者の商品

最近チェックした商品