100年後も読まれる名作(7) 赤毛のアン

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年01月31日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
144
ISBN:
9784048932035

100年後も読まれる名作(7) 赤毛のアン

  • 作 L・M・モンゴメリ
  • 編訳 宮下 恵茉
  • 絵 景
  • 監修 坪田信貴
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年01月31日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
144
ISBN:
9784048932035

私をこの家の子にしてください!世界中が泣いた名作!読書感想文の書き方付

世界中の女の子の人生を変えた、感動の物語!
『わたしをこの家の子にしてください!』
【オールカラー版】

アンは、親友のダイアナのことが大好きです。
でも、アンの赤毛をからかった、同級生のギルバートのことは大キライです。
何度も「ごめん」とあやまってくれてるのに…

世界中の女の子が涙した、カナダの名作が、さくさく読めるオールカラー版になった!

【あらすじ】
かわりものの年寄り兄妹マシューとマリラは、働き手として男の子をひきとることに。でも、孤児院からつれてこられたのは、赤毛でそばかすの女の子アンでした! マリラはアンを追い返そうとしますが…。自然いっぱいの美しい島を舞台に、夢見る少女がおこすおかしな騒動。そそっかしくて失敗ばかりのアンが感動をもたらします。泣いて笑ってキュンとする、世界中が恋した名作を豪華カラー版でどうぞ!


【この本のおすすめポイント4】
1.お話にはいりやすい『物語ガイドまんが』
2.わくわく読書できる『カラー絵+ポスター』
3.ビリギャル先生が教える『読書感想文の書きかた』
4.面白さをぎゅっとしぼった『さくさく読める版』


【みんなの声】
「イラストがかわいくて何回でも読める」(小4女子)
「読書感想文におすすめ。本がにがてでも書きやすい」(小6女子)
「ページをめくるたび、わくわくした」(小2女子)
「おばあちゃんになっても、まごに読んであげられる」(小3女子)
「とてもわかりやすくて、おもしろい!」(小2女子)
「めっちゃオススメですよ! ひろめる!」(小2女子)

もくじ

1 まちがえられた女の子
2 Eのつくアン
3 だいきらい!
4 親友のちかい
5 ブローチがなくなった?
6 最悪の出会い
7 ふたりだけのティーパーティー
8 アン、大活躍する
9 すてきなクリスマスプレゼント
10 気になるライバル
11 クイーン学院へ
12 卒業
13 未来へ
作者と物語について 宮下恵茉
読書感想文の書きかた 坪田信貴
いま、100年後も読まれる名作を読むこと 坪田信貴
お知らせ

登場人物

アン=シャーリー

親がいない、11才の夢見る少女。
赤毛とそばかすがなやみ。
孤児院からアヴォンリー村へやってくる。

ダイアナ=バーリー

アンにはじめてできた親友。11才。
黒髪の美少女。妹はミニー=メイ。

ギルバート=ブライス

14才の少年。
優等生で女子に大人気。
ある事件でアンに嫌われてしまう。

マリラ=カスバート

がんこな年配の独身女性。
兄のマシュウとふたりぐらし。

マシュウ=カスバート

気弱で優しいマリラの兄。
女の人が苦手な変わり者。

バーリー夫人

ダイアナのおかあさん。
きまじめで、怒らせるとこわい。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

ビリギャル先生の読書感想文教室

「100年後も読まれる名作(7) 赤毛のアン」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 娘の本。読書嫌いだった自分は、名作と呼ばれる本の殆ど知らないので、子供が読んでなければ一生読まなかったかも。凄く心に残るしこの感情を大切にしたいと素直に思えて、名作スゲエと思った。若い頃に読んでおきた 娘の本。読書嫌いだった自分は、名作と呼ばれる本の殆ど知らないので、子供が読んでなければ一生読まなかったかも。凄く心に残るしこの感情を大切にしたいと素直に思えて、名作スゲエと思った。若い頃に読んでおきたかった。話は続きがあるみたいなので、買ってあげようかな。 …続きを読む
    かわゆきか
    2019年04月21日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品