地獄の犬たち

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年09月01日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
440
ISBN:
9784041057230

地獄の犬たち

  • 著者 深町 秋生
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年09月01日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
440
ISBN:
9784041057230

切なすぎる外道たちの慟哭

警察官の俺に、人が殺せるのか!?
東京のやくざ組織・東鞘会に所属する兼高昭吾は、弟分の室岡と沖縄に飛び、ターゲットの喜納修三を殺害した。その夜、一人になった兼高は激しく嘔吐する。実は兼高は警視庁組対部に所属する潜入捜査官だったのだ。後継者問題をめぐり、東鞘会では血で血を洗う抗争が続いており、喜納殺害はその一環だった。兼高の最終任務は東鞘会会長である十朱の殺害。十朱は警視庁を揺るがす、ある“秘密”を握っていた。ボディガード役に抜擢された兼高は、身分が明かされた瞬間に死が迫る中、十朱への接近を図るが……。
『果てしなき渇き』『アウトバーン』の著者が挑む、ノンストップ・エンターテインメント!


メディアミックス情報

NEWS

「地獄の犬たち」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 面白かった。欲をいえばもっと長くても良かった。十朱の人間的な魅力や影の部分をもっともっと掘り下げて描写してもらえれば兼高のジレンマがより際立って更にのめり込めたように思える。適度に意外性のある展開でこ 面白かった。欲をいえばもっと長くても良かった。十朱の人間的な魅力や影の部分をもっともっと掘り下げて描写してもらえれば兼高のジレンマがより際立って更にのめり込めたように思える。適度に意外性のある展開でこれくらいの頁数でも全然飽きずに読めたので、一冊で終わらせずにシリーズ化しても良かったのでは。単体作品にしたことで、十朱にしろ兼高にしろ、極道社会内での出世があまりにも不自然なくらい早いという違和感が目立ってしまったかもしれない。しかしコレは映画化されたら見てみたい一作。個人的には室岡がイチオシキャラ。 …続きを読む
    W-G
    2018年01月01日
    423人がナイス!しています
  • 深町さんの傑作と評価高い本作…バイオレンスの嵐だった!極道社会に潜入した警官の話なので既視感はあるが、主人公・兼高の苦悩とヤクザたちの造詣が面白く、彼らの騙し騙さる展開も良くて、先が気になりドンドン読 深町さんの傑作と評価高い本作…バイオレンスの嵐だった!極道社会に潜入した警官の話なので既視感はあるが、主人公・兼高の苦悩とヤクザたちの造詣が面白く、彼らの騙し騙さる展開も良くて、先が気になりドンドン読めた。人情&友情がヒリヒリと痛みを伴って伝わってくるのも痺れる。特に相棒・室岡が美味しい役どころで脇役ながら注目!惜しむらくはラストが急展開な事…もっと勿体つけても良かったと思うが、これも深町さんの美学なのだろう。暴力描写がエグイので気の弱い人にはオススメできないが、熱い男たちのぶつかり合いを求める人は必読! …続きを読む
    しんたろー
    2018年08月28日
    201人がナイス!しています
  • 深町秋生、初読です。潜入捜査物は何作か読んだことがありますが、ここまで壮絶な物語は初めてです。全編バイオレンスの連続で、436P一気読みしました。昔の大藪春彦に近い感じではないでしょうか?少し諄い説明 深町秋生、初読です。潜入捜査物は何作か読んだことがありますが、ここまで壮絶な物語は初めてです。全編バイオレンスの連続で、436P一気読みしました。昔の大藪春彦に近い感じではないでしょうか?少し諄い説明文書が整理され、章立てされるともっとテンポ良く読めると思います。 …続きを読む
    starbro
    2017年10月08日
    181人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

深町 秋生(ふかまち あきお)

1975年山形県生まれ。2004年、『果てしなき渇き』でデビュー。著書に『ドッグ・メーカー』等多数。

最近チェックした商品