試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年06月26日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
178
ISBN:
9784048929196

やがて君になる(4)

  • 著者 仲谷 鳰
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年06月26日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
178
ISBN:
9784048929196

わがままだ。あなたも、わたしも。

七海燈子の念願である生徒会劇。
夏休みに入り、その練習合宿が行われる。

それぞれの思いを秘めながら
合宿に臨む燈子、侑、沙弥香。
その一方で、燈子の追い求め続けた理想は、
揺らぎ始めていた。

「侑は私のこと、好きにならないでね」

メディアミックス情報

NEWS

「やがて君になる(4)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 演劇の脚本と配役も決まった合宿という空間。燈子を間に挟んでの侑と紗弥香の緊張感というか不安定な距離感がとてもドキドキしますね。甘えられて侑も少しずつ惹かれ始めているようにも思えるのに、姉のようになりた 演劇の脚本と配役も決まった合宿という空間。燈子を間に挟んでの侑と紗弥香の緊張感というか不安定な距離感がとてもドキドキしますね。甘えられて侑も少しずつ惹かれ始めているようにも思えるのに、姉のようになりたいと自らを否定して好きにならないでとする燈子の歪な関係。紗弥香の想いも真っ直ぐではないんですよね。侑がついに一歩踏み出して、そんな繊細な描写の積み重ねの先に何があるのか、とても楽しみなような怖いような。そんな気持ちです。 …続きを読む
    よっち
    2017年06月28日
    41人がナイス!しています
  • 高校の生徒会百合漫画4巻。とても楽しみにしているシリーズのひとつ。生徒会が舞台ってぐらいだからみんな優秀で表面的には波風立ってなさそうなのに、ヒリヒリした関係性。姉の死によるトラウマを引きずる燈子、燈 高校の生徒会百合漫画4巻。とても楽しみにしているシリーズのひとつ。生徒会が舞台ってぐらいだからみんな優秀で表面的には波風立ってなさそうなのに、ヒリヒリした関係性。姉の死によるトラウマを引きずる燈子、燈子に振り回されつつ意識することが多くなった侑。侑に対し心の中で嫉妬する沙弥香。うーん良いねえ爽やかにドロドロしていて(?)次巻は冬か。楽しみ。 …続きを読む
    いっちゃんず
    2017年06月25日
    32人がナイス!しています
  • 自分が相手を想うことで、浮足立つ感情が発露し、とめどなく流れ続けるのが恋というものであるとしよう。その気持ちを注ぎ込み、自分自身で満足しているだけであれば、恋として、成り立っているとは言えないものなの 自分が相手を想うことで、浮足立つ感情が発露し、とめどなく流れ続けるのが恋というものであるとしよう。その気持ちを注ぎ込み、自分自身で満足しているだけであれば、恋として、成り立っているとは言えないものなのか。見返りを求めず、ただ自らの心が赴くままに求める結果が、もたらすものが何なのかということに至る筈もない様は、ある意味、純粋とも呼べようが、実際は残酷極まりない。無邪気に振る舞う裏側に、強迫観念にも似た昏さを押し込め、相反するそれぞれの顔に、翻弄させられている誰かの気持ちを、汲もうと至らないのは無情ともいえる …続きを読む
    ソラ
    2018年12月17日
    28人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品