世界の歴史(7) ひとつながりになる世界 一四〇〇~一六〇〇年

世界の歴史(7) ひとつながりになる世界 一四〇〇~一六〇〇年 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年02月25日
商品形態:
電子書籍

世界の歴史(7) ひとつながりになる世界 一四〇〇~一六〇〇年

  • 監修 羽田 正
発売日:
2021年02月25日
商品形態:
電子書籍

世界史教育の最先端=グローバル・ヒストリーを採用した初めての歴史まんが

ヨーロッパの人々が、海を越えてその活動範囲を大きく広げました。彼らはこの時期に南北アメリカ大陸の存在を知り、喜望峰経由のインド航路、世界一周の航路を発見しました。南北アメリカ大陸の多くの土地が、スペイン人、ポルトガル人によって征服、植民地化されました。ポルトガル人は、アジアの海に次々と交易の拠点を築き、日本にまでやって来ます。彼らの活動によって世界は大きく変化してゆきます。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「世界の歴史(7) ひとつながりになる世界 一四〇〇~一六〇〇年」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 航海技術の向上に伴い、世界中の海へと旅立った人類。 大海賊時代といった感じ。 新たな土地への度重なる略奪を見てると、人間の欲は限りないものなんだなと思う。 それによった得られたものも多いけど、失われた 航海技術の向上に伴い、世界中の海へと旅立った人類。 大海賊時代といった感じ。 新たな土地への度重なる略奪を見てると、人間の欲は限りないものなんだなと思う。 それによった得られたものも多いけど、失われたものも多い。 …続きを読む
    はる坊
    2021年06月22日
    10人がナイス!しています
  • 小4娘、ぐっと時代が進みます。いよいよ人類は海上を経て他国へと。いかに優れた船を作れるのかぐっと技術革新も進み時代の流れも早まりはじめる 小4娘、ぐっと時代が進みます。いよいよ人類は海上を経て他国へと。いかに優れた船を作れるのかぐっと技術革新も進み時代の流れも早まりはじめる
    ゆうぴょん
    2021年04月25日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品