世界の歴史(3) 秦・漢とローマ──古代の大帝国 紀元前二〇〇~紀元後四〇〇年

世界の歴史(3) 秦・漢とローマ──古代の大帝国 紀元前二〇〇~紀元後四〇〇年 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年02月25日
商品形態:
電子書籍

世界の歴史(3) 秦・漢とローマ──古代の大帝国 紀元前二〇〇~紀元後四〇〇年

  • 監修 羽田 正
発売日:
2021年02月25日
商品形態:
電子書籍

世界史教育の最先端=グローバル・ヒストリーを採用した初めての歴史まんが

ユーラシア各地で、皇帝が広大な領域と多様な人々を統治する「帝国」が誕生した時代です。特に、東の漢と西のローマは、古代における帝国の代表で、安定した社会と秩序が長く維持されました。この二つの帝国の影響は、現代の東アジアとヨーロッパの政治の仕組みや社会の構造にまで及んでいます。また、この時期には、西アジアで生まれたキリスト教が発展し、ローマ帝国との結び付きを強めました。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「世界の歴史(3) 秦・漢とローマ──古代の大帝国 紀元前二〇〇~紀元後四〇〇年」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 各地で小さな国が統一され大きな帝国が出来る時代の話。 古代ローマとか秦の始皇帝とか仏教・キリスト教とか、個人的にワクワクする時代で、漫画や小説で参考にされる部分も多いと感じる。 『キングダム』とかまさ 各地で小さな国が統一され大きな帝国が出来る時代の話。 古代ローマとか秦の始皇帝とか仏教・キリスト教とか、個人的にワクワクする時代で、漫画や小説で参考にされる部分も多いと感じる。 『キングダム』とかまさにそうだし、『ONE PIECE』の「ドレスローザ編」は古代ローマ感あるし、『十二国記』も漢の郡国制を参考にしてるんだろうなって思うし、いわゆる【ネタの宝庫】なのかもしれない。 カエサルの甥っ子、オクタウィアヌスが始めた元首政。 これが統治方法として1番いいのかもって思う。 …続きを読む
    はる坊
    2021年04月04日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品