映画化作品

第23回電撃小説大賞《大賞》

メディアワークス文庫

君は月夜に光り輝く

選考に関わる全ての人の心を震わせた、第23回電撃小説大賞≪大賞≫受賞作

  • 著者 佐野 徹夜
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
324
ISBN:
9784048926751
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

映画化作品

第23回電撃小説大賞《大賞》

メディアワークス文庫

君は月夜に光り輝く

選考に関わる全ての人の心を震わせた、第23回電撃小説大賞≪大賞≫受賞作

  • 著者 佐野 徹夜
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
324
ISBN:
9784048926751

選考に関わる全ての人の心を震わせた、第23回電撃小説大賞≪大賞≫受賞作

この圧倒的感動に、山口幸三郎、綾崎隼も大絶賛!
読む人すべての心をしめつけ、4,878作品の頂点に輝いた、最高のラブストーリーがここに――。

大切な人の死から、どこかなげやりに生きてる僕。高校生になった僕のクラスには、「発光病」で入院したままの少女がいた。月の光を浴びると体が淡く光ることからそう呼ばれ、死期が近づくとその光は強くなるらしい。彼女の名前は、渡良瀬まみず。
余命わずかな彼女に、死ぬまでにしたいことがあると知り…「それ、僕に手伝わせてくれないかな?」「本当に?」この約束から、止まっていた僕の時間がふたたび動きはじめた――。

「しっとりと心に染み渡る、美しい恋物語」「参りました。泣きました。生きていく――そのための力を読者にプレゼントしてくれる」と、なみいる選考委員も涙した、第23回電撃小説大賞≪大賞≫受賞作。
刊行にたずさわったみんなの心を揺さぶった、“今を生きる”すべての人に届けたい感動のラブストーリー。

登場人物

岡田 卓也

高1。姉を亡くして以来、なげやりに生きている。

渡良瀬 まみず

不治の病「発光病」にかかった、余命わずかの少女。

おすすめコメント

静かに重く胸を衝く。文章の端々に光るセンスは圧巻。若さゆえの生への葛藤が胸を締め付ける。
この作品のえも言われぬもどかしさには誰もが共感と、目を逸らしたくなるような切なさをおぼえることだろう。
――山口幸三郎(『探偵・日暮旅人』シリーズ著者)

私は難病ものが嫌いです。それなのに、あまりにも美しい最後の5行を読み、ページを閉じられなくなってしまいました。佐野徹夜、ずるいくらいに愛おしい。
――綾崎隼(『花鳥風月』『ノーブルチルドレンの残酷』著者)

悲しみのあとに必ず喜びがあるのなら、悲しむこともなく怖くなくなるのになあ。
「終わり」の中で「始まり」を見つけようとした彼らの、健気でまっすぐな時間にただただ泣いた。
――蒼井ブルー(作家・写真家)

誰かに読まれるために生まれてきた物語だと思いました。近い世代として彼らの生き方にはとても共感するものがあります。
何かが終わること、始まることの先にある純粋な想いにその目で触れてください。
――loundraw(イラストレーター)

「君は月夜に光り輝く」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 高一最初のホームルーム、担任芳江先生が「中学の頃から深刻な病気で入院している少女がいる」と。「発光病」、月の光を浴びると体が淡く光る、原因不明、治療法もない。姉鳴子の交通事故死から投げやりに過ごす卓也 高一最初のホームルーム、担任芳江先生が「中学の頃から深刻な病気で入院している少女がいる」と。「発光病」、月の光を浴びると体が淡く光る、原因不明、治療法もない。姉鳴子の交通事故死から投げやりに過ごす卓也は、思いがけずクラスメイトの寄せ書きを病院に届ける、余命僅かな渡良瀬まみずの死ぬまでにしたいこと「死ぬまでリスト」、遊園地に行って、初恋パフェを食べる、父親に離婚の理由を聞く、メイド喫茶でバイトする・・卓也は希望を叶える助けをするが。やがてまみずは強く光り輝くようになってゆく・・美しく切ないラブストーリー。 …続きを読む
    たっくん
    2017年05月17日
    316人がナイス!しています
  • う~ん面白かった。    これもある種の王道ストーリー。    お手本のような正道ストーリー。    これがデビュー作だって言うんだから評価せざるを得ない。    そりゃあ大賞もらいますわ。    う~ん面白かった。    これもある種の王道ストーリー。    お手本のような正道ストーリー。    これがデビュー作だって言うんだから評価せざるを得ない。    そりゃあ大賞もらいますわ。    これからこの著者がどのような道を辿っていくのか楽しみでもある。 ここが出発点。                                                                  ところでこれは本当にどうでもいいことだが、絵を見る限りDあるようには見えないが盛ったのだろうか。 …続きを読む
    nayu
    2017年03月20日
    300人がナイス!しています
  • これは『きみの膵臓~』と同じ路線な作品でした。でも最期はこちらの方が自然でよかったです。 以前ならこういう話は読まなかったけど、読んでみたら良い作品も多くなかなかオジサンでもハマりますね。(;^_^A これは『きみの膵臓~』と同じ路線な作品でした。でも最期はこちらの方が自然でよかったです。 以前ならこういう話は読まなかったけど、読んでみたら良い作品も多くなかなかオジサンでもハマりますね。(;^_^A …続きを読む
    カメ吉
    2017年06月19日
    285人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

佐野 徹夜

同志社大学文学部卒業。『君は月夜に光り輝く』で第23回電撃小説大賞≪大賞≫を受賞しデビュー。晴れて専業小説家になる。
ペンネームの由来は、よく徹夜しているから。でも健康に悪いので、最近は早寝早起きに直したいと思っている。

最近チェックした商品