映画化作品

第23回電撃小説大賞《大賞》

メディアワークス文庫

君は月夜に光り輝く

選考に関わる全ての人の心を震わせた、第23回電撃小説大賞≪大賞≫受賞作

  • 著者 佐野 徹夜
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
324
ISBN:
9784048926751
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

映画化作品

第23回電撃小説大賞《大賞》

メディアワークス文庫

君は月夜に光り輝く

選考に関わる全ての人の心を震わせた、第23回電撃小説大賞≪大賞≫受賞作

  • 著者 佐野 徹夜
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
324
ISBN:
9784048926751

選考に関わる全ての人の心を震わせた、第23回電撃小説大賞≪大賞≫受賞作

この圧倒的感動に、山口幸三郎、綾崎隼も大絶賛!
読む人すべての心をしめつけ、4,878作品の頂点に輝いた、最高のラブストーリーがここに――。

大切な人の死から、どこかなげやりに生きてる僕。高校生になった僕のクラスには、「発光病」で入院したままの少女がいた。月の光を浴びると体が淡く光ることからそう呼ばれ、死期が近づくとその光は強くなるらしい。彼女の名前は、渡良瀬まみず。
余命わずかな彼女に、死ぬまでにしたいことがあると知り…「それ、僕に手伝わせてくれないかな?」「本当に?」この約束から、止まっていた僕の時間がふたたび動きはじめた――。

「しっとりと心に染み渡る、美しい恋物語」「参りました。泣きました。生きていく――そのための力を読者にプレゼントしてくれる」と、なみいる選考委員も涙した、第23回電撃小説大賞≪大賞≫受賞作。
刊行にたずさわったみんなの心を揺さぶった、“今を生きる”すべての人に届けたい感動のラブストーリー。

登場人物

岡田 卓也

高1。姉を亡くして以来、なげやりに生きている。

渡良瀬 まみず

不治の病「発光病」にかかった、余命わずかの少女。

おすすめコメント

静かに重く胸を衝く。文章の端々に光るセンスは圧巻。若さゆえの生への葛藤が胸を締め付ける。
この作品のえも言われぬもどかしさには誰もが共感と、目を逸らしたくなるような切なさをおぼえることだろう。
――山口幸三郎(『探偵・日暮旅人』シリーズ著者)

私は難病ものが嫌いです。それなのに、あまりにも美しい最後の5行を読み、ページを閉じられなくなってしまいました。佐野徹夜、ずるいくらいに愛おしい。
――綾崎隼(『花鳥風月』『ノーブルチルドレンの残酷』著者)

悲しみのあとに必ず喜びがあるのなら、悲しむこともなく怖くなくなるのになあ。
「終わり」の中で「始まり」を見つけようとした彼らの、健気でまっすぐな時間にただただ泣いた。
――蒼井ブルー(作家・写真家

誰かに読まれるために生まれてきた物語だと思いました。近い世代として彼らの生き方にはとても共感するものがあります。
何かが終わること、始まることの先にある純粋な想いにその目で触れてください。
――loundraw(イラストレーター)

著者紹介

佐野 徹夜

同志社大学文学部卒業。『君は月夜に光り輝く』で第23回電撃小説大賞≪大賞≫を受賞しデビュー。晴れて専業小説家になる。
ペンネームの由来は、よく徹夜しているから。でも健康に悪いので、最近は早寝早起きに直したいと思っている。

最近チェックした商品