メディアワークス文庫

君は月夜に光り輝く +Fragments

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784049123395
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

メディアワークス文庫

君は月夜に光り輝く +Fragments

  • 著者 佐野 徹夜
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784049123395

僕は今でも君が好きだよ――映画化も決定、あの感動作が再びよみがえる!

 不治の病「発光病」で入院したままの少女・渡良瀬まみず。余命ゼロの彼女が、クラスメイトの僕・岡田卓也に託したのは「最期の願い」の代行だった。限られた時間を懸命に生きた、まみずと卓也の物語の「その後」とは――。
「僕は今でも君が好きだよ」少しだけ大人になった卓也と、卓也の友人・香山のそれぞれが描かれていく。他、本編では語り尽くせなかった二人のエピソードも収録。
 生と死、愛と命の輝きを描き、日本中を感動に包み込んだ『君月』ワールドが再び。

メディアミックス情報

NEWS

「君は月夜に光り輝く +Fragments」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 本編を補完するような内容であったり、別視点を描いたりする短編6編から成る一冊。なかでも「ユーリと声」が香山視点でもっとも長いが、ちょっと香山に感情移入するのがしんどかった。あとがきを読むと香山が「作者 本編を補完するような内容であったり、別視点を描いたりする短編6編から成る一冊。なかでも「ユーリと声」が香山視点でもっとも長いが、ちょっと香山に感情移入するのがしんどかった。あとがきを読むと香山が「作者の自分からすごく遠い存在」だったそうで。なんかそんな気がする。他の作品は長編小説の本編からこぼれ落ちてしまった切片、といった感じでけっこう良かったです。 …続きを読む
    海猫
    2019年03月11日
    99人がナイス!しています
  • 『君月』の続編で短編集。映画の前に読めて良かった。まみずと卓也の前作の代理行動の裏側?側面を書いたものは前作を思い出して泣きそうになりました。まみずの卓也への心情の変化とか卓也のその後の後日譚もあり楽 『君月』の続編で短編集。映画の前に読めて良かった。まみずと卓也の前作の代理行動の裏側?側面を書いたものは前作を思い出して泣きそうになりました。まみずの卓也への心情の変化とか卓也のその後の後日譚もあり楽しめたと思う。 全体的には卓也の唯一の友人?香山のまみずへの思い、そして卒業後のストーリーが半分以上だった様に感じた。香山編の話も独立した話として面白かった。 卓也と香山の更なる今後が気になる。卓也の31歳は書かれてたけど31歳の香山はどうなってたか気になる。 …続きを読む
    カメ吉
    2019年03月04日
    62人がナイス!しています
  • 前作既読者として帯の挑発に乗せられてしまったが、読まない方が幸せだったという考え方もできるかも。 前作既読者として帯の挑発に乗せられてしまったが、読まない方が幸せだったという考え方もできるかも。
    takaC
    2019年04月01日
    57人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品