【電子特典付き】「分とく山」の和食12ヶ月

【電子特典付き】「分とく山」の和食12ヶ月 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコカド祭り2020
発売日:
2016年11月02日
商品形態:
電子書籍
ニコカド祭り2020

【電子特典付き】「分とく山」の和食12ヶ月

  • 著者 野崎 洋光
発売日:
2016年11月02日
商品形態:
電子書籍

ミシュラン東京版で二ツ星を獲得する人気和食店「分とく山」の総料理長にして当代きっての和食の名手、野崎洋光さんによる旬の食材を生かしたレシピと料理歳時記。絶版となっていた朝日新聞の好評連載をまとめた1冊が、15年の時を経て大幅に加筆訂正され、待望の復刊です! 電子書籍版限定の特典レシピも必見!

4月から3月までの春夏秋冬12ヶ月の旬の食材の扱い方やおいしい食べ方を野崎さん自身の言葉でわかりやすく綴った料理歳時記と、旬のレシピ。なぜその手順を踏むのかの理由や、「こうしなければ」と誰もが思い込んでいる和食の「常識」を時には覆す理論が、確かな経験に裏打ちされて語られています。また和食にまつわる歴史や言葉の由来、野崎さん自身の子供の頃のエピソードなども豊かに織り込まれています。紹介しているレシピは、春の「若竹椀」「だし巻き卵」「イサキの木の芽焼き」「牛ステーキ」、夏の「冷やし汁」「シラス水飯」「冷しゃぶ」、秋の「サバのみそ煮」「五目おこわ」「柿の白和え」「豚バラ紅葉煮」、冬の「根菜がゆ」「ふろふき大根」「おせち」「あられ鍋」……など。電子書籍版限定の特典レシピも必見です!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「【電子特典付き】「分とく山」の和食12ヶ月」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • これもおなかが空いてる時に借りてきた本。年々和食が美味しく思う。あー、本格的なダシを取ったら何を作っても美味しいんだろうな。でも、最近はダシの味より本来の野菜の味がすごく味わいたくて生でポリポリ食べる これもおなかが空いてる時に借りてきた本。年々和食が美味しく思う。あー、本格的なダシを取ったら何を作っても美味しいんだろうな。でも、最近はダシの味より本来の野菜の味がすごく味わいたくて生でポリポリ食べるのが好みになってきた。表紙の若竹煮。そろそろ筍の季節。揚げと蕗との炊き合わせ。いいなぁ。 …続きを読む
    ヒデミン@もも
    2014年03月23日
    27人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品