後宮に星は宿る 金椛国春秋

後宮に星は宿る 金椛国春秋 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2016年12月22日
商品形態:
電子書籍

後宮に星は宿る 金椛国春秋

  • 著者 篠原 悠希
発売日:
2016年12月22日
商品形態:
電子書籍

生きる、何があっても。理不尽な運命に立ち向かう少年の中華ファンタジー!

大陸の強国、金椛(ジンファ)帝国。貴族である星家の公子、遊圭は、ひとり闇夜を逃げ惑っていた。皇帝が崩御し、叔母が皇后に選ばれ……。「天皇に外戚なし」の法のもとに、星家は一族すべて殉死を命じられたのだ。一家の療母(薬師)、胡娘(コジョウ)の助けにより、一人逃げ延びた遊圭は、町娘の明々に出会う。明々はかつて遊圭に救ってもらったことを恩に感じており、遊圭を匿ってくれた。その矢先、明々の後宮への出仕が決まる。再びの絶望的状況に、明々はからりと言う。「あんたも、一緒に来るといいのよ」――かくして、小柄で女子にも見える体躯を生かし、少年・遊圭は後宮へ出仕することに。しかし美貌の宦官・玄月に正体を疑われ……。つぎつぎと襲いかかる試練に、対抗できるのは己の知恵と仲間だけ。理不尽すぎる世の中で、少年は生き抜くことができるのか。傑作中華風ファンタジー!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「後宮に星は宿る 金椛国春秋」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「中華ファンタジー」はじめて読むジャンルですが面白い!昔の中国をモデルにした仮想の国の話。主人公は名門、星家の御曹司・遊圭。皇帝の崩御に伴い、一族殉死の命が。ただ一人生き延びた遊圭は、とある事から女装 「中華ファンタジー」はじめて読むジャンルですが面白い!昔の中国をモデルにした仮想の国の話。主人公は名門、星家の御曹司・遊圭。皇帝の崩御に伴い、一族殉死の命が。ただ一人生き延びた遊圭は、とある事から女装し後宮へ…難しい語句や忘れてしまった歴史上の政策なども出てくる。ついていけるかな?と不安になったが一気に読めました。それを吹き飛ばすくらいに登場人物たちが魅力的。主要人物以外の脇キャラもみんな良かった!話はスピーディーに進み終章となりますが、根本の問題点は解決していない。直ぐに続編へ! …続きを読む
    タカユキ
    2019年01月25日
    114人がナイス!しています
  • 後宮に女装して出仕した、まだ少年の遊圭。名門出身の遊圭、見つかれば命は、ありません。何度も危ない場面があります。でも、なんとか切り抜けます。運も味方したのかもしれません。でも、知恵と学んだ知識と仲間が 後宮に女装して出仕した、まだ少年の遊圭。名門出身の遊圭、見つかれば命は、ありません。何度も危ない場面があります。でも、なんとか切り抜けます。運も味方したのかもしれません。でも、知恵と学んだ知識と仲間がいれば、窮地を抜け出すことができます。そのとき、読み書きできない人が多い時代に、薬の知識まであるんだから。やっぱり学問は命を救えるんだな …続きを読む
    のんき
    2017年12月28日
    100人がナイス!しています
  • 女装の少年が主人公というので何となく遠巻きにしてたものの、読んでみたらぐいぐい引き込まれました。皇帝が亡くなり新たな皇太子が立つと、将来の外戚による専横を防ぐため、その親族全員を皇帝の埋葬時に生き埋め 女装の少年が主人公というので何となく遠巻きにしてたものの、読んでみたらぐいぐい引き込まれました。皇帝が亡くなり新たな皇太子が立つと、将来の外戚による専横を防ぐため、その親族全員を皇帝の埋葬時に生き埋めにして滅するとは。ずいぶんと乱暴な法だと思うのだけれど、そんな風にして強い後ろ楯のない皇帝が何代も続けば、皇帝の力も削がれそうなものですが?遊圭は将来、この悪法廃止のきっかけを作れる人になるのでしょうか。玄月は将来、巻き込まれてぼやくはめになる役回りになるのでしょうか?次巻へ急ぎます。 …続きを読む
    すがはら
    2018年06月08日
    85人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品