角川文庫

湖宮は黄砂に微睡む 金椛国春秋

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041077511
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

湖宮は黄砂に微睡む 金椛国春秋

  • 著者 篠原 悠希
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041077511

死の砂漠で公主を捜せ! 知力を尽くして天命を待つ、手に汗握る最新作!

金椛帝国最西の街。
罪を犯した友人を救おうとした咎で、辺境に飛ばされた星遊圭(せい ゆうけい)。
先輩役人たちの嫌がらせにも負けず頑張る遊圭だが、
療母の胡娘(こじょう)の助けもあり、居心地は悪くない。
しかし、戦地より帰還した兵士から、行方不明中の公女・麗華(れいか)が、
死の砂漠にある伝説の郷(さと)に逃げたという情報がもたらされ、事態は一変。
しかも胡娘の生き別れの夫が同行しているようで……。
死の砂漠で公女捜し!? 
傑作中華ファンタジー、冒険の章!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「湖宮は黄砂に微睡む 金椛国春秋」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 辺境に飛ばされた遊圭は、行方不明になったままの麗華公主一行を探しに死の砂漠へ。胡娘と生き別れた夫との再会は、遊圭同様予想外の再会で、何とも切ない。麗華がやっと幸せな暮らしを見つけたことは嬉しいけれど、 辺境に飛ばされた遊圭は、行方不明になったままの麗華公主一行を探しに死の砂漠へ。胡娘と生き別れた夫との再会は、遊圭同様予想外の再会で、何とも切ない。麗華がやっと幸せな暮らしを見つけたことは嬉しいけれど、その幸せは胡娘が諦めたものの上に成り立っている幸せ。今の胡娘に、息子同然な遊圭がいて良かったと心から思う。帰路につき、明々との再会も期待したラストで、まさかの裏切り‼︎そして三度目の女装‼︎すんなりいかないけれど、そこが面白い♫明々が知ってしまった玄月の秘密も気になる。 …続きを読む
    るぴん
    2019年03月02日
    56人がナイス!しています
  • 待ってました!と、飛び付いた割に、流罪の理由を忘れてたりして焦りましたが、面白かった!主な物語は消えた麗華公主を追って展開しますが、相変わらず小ネタがちりばめられていて。(ロプ・ノールがなかなか思い出 待ってました!と、飛び付いた割に、流罪の理由を忘れてたりして焦りましたが、面白かった!主な物語は消えた麗華公主を追って展開しますが、相変わらず小ネタがちりばめられていて。(ロプ・ノールがなかなか思い出せなかった。薬の名前と混同。)おおむね伏線通りでしたが、明々の行動力には「そーいえばこういう娘だった」と大笑い。胡娘の運命には、しんみり。ルーシャンに是非受け止めていただきたい。玄月がどれくらい黒いのかはまだ伏せられたまま。これからのお楽しみ♪カストラートが都に帰った後、どうなるのかと、後を引くラストでした。 …続きを読む
    りー
    2019年02月24日
    53人がナイス!しています
  • すでに毎度お約束の女装で、遊圭今回大ピンチに…。はやく明々と再会できますように‼️ すでに毎度お約束の女装で、遊圭今回大ピンチに…。はやく明々と再会できますように‼️
    だりあん
    2019年03月08日
    50人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品