家と庭

家族に、普通なんてない。下北沢で暮らす人々の恋と家族の物語。

  • 著者 畑野 智美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年02月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041051436
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

家と庭

家族に、普通なんてない。下北沢で暮らす人々の恋と家族の物語。

  • 著者 畑野 智美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年02月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041051436

家族に、普通なんてない。下北沢で暮らす人々の恋と家族の物語。

中山望は、桜やバラやひまわりなど四季折々の花が咲く庭のある家で、母と姉と妹と暮らしている。大学を卒業して2年以上が経つけれど、就職する気にならないまま、マンガ喫茶でアルバイトをする日々だ。ある日、上の姉が娘を連れて帰ってきて、女5人との生活が始まる。家族や幼なじみ、バイト仲間と過ごす時間は、“何も望まない”望を変えていく――。
海の底のようなバー、神出鬼没の烏天狗、工事がつづく駅。
抜け出せなくなる町で暮らす人々の、色鮮やかで愛すべき日常。

おすすめコメント

普通の家族なんてないんだ。それぞれがそれぞれの場面で生活してるのだから少し変わっていたり面白かったり寂しかったり。好きになりました望をその家族を! 下北沢に行けばいつでも会えるそんな優しい気持ちにさせてくれる作品でした。
――狩野大樹さん(小田急ブックメイツ新百合ヶ丘北口店)

鋭い観察眼と際立つ感性……人肌の温もりも伝わる素晴らしい作品だ! 過去から今、そして未来へと繋がるラストまで、全編から煌く光が感じられて心を大きく動かされた。懐かしくもあり新しくもある、著者の並外れた才能を存分に味わえる会心の一冊!
――内田剛さん(三省堂書店営業企画室)

トピックス

著者紹介

畑野智美(はたの ともみ)

1979年東京都生まれ。2010年『国道沿いのファミレス』で第23回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。他の著書に『夏のバスプール』『海の見える街』「南部芸能事務所」シリーズ、『ふたつの星とタイムマシン』『感情8号線』『罪のあとさき』『タイムマシンでは、行けない明日』など多数。

最近チェックした商品