角川ソフィア文庫

雨月物語 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典

美しくも恐ろしい江戸の傑作怪異小説。全9篇を解説とともに味わう。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年12月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784044002114
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川ソフィア文庫

雨月物語 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典

美しくも恐ろしい江戸の傑作怪異小説。全9篇を解説とともに味わう。

  • 著者 上田 秋成
  • 編者 佐藤 至子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年12月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784044002114

美しくも恐ろしい江戸の傑作怪異小説。全9篇を解説とともに味わう。

身の毛もよだつ大江戸ホラー。秋成の卓越した筆致で描かれた、珠玉の9編を味わう。

稀代の怨霊・崇徳院が眠る白峯の御陵を訪ねた西行法師の目の前に現れたのは――(白峯)
義兄弟の契りをかわした武士と学者。主君の仇討ちに向かった武士は、学者のもとに戻るが――(菊花の約)
一攫千金を夢見て旅立った勝四郎。七年の時を経て戻った家で見たものとは――(浅茅が宿)
ある雨の日に出会った美しい女は蛇の化身であった。蛇と別れた男はその後妻をめとるが――(蛇性の婬) ほか

【目次】
はじめに
上田秋成と雨月物語
白峯
菊花の約
浅茅が宿
夢応の鯉魚
仏法僧
吉備津の釜
蛇性の婬
青頭巾
貧福論

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「雨月物語 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「雨月物語-上田秋成」この紐付けは試験でお馴染みだったのに恥ずかしながら初読み。作品は序章と九つの怪異短編。現代語訳を中心に原文の一部対比、途中途中に元にしたと思われる中国や日本の古典小説をひいた解説 「雨月物語-上田秋成」この紐付けは試験でお馴染みだったのに恥ずかしながら初読み。作品は序章と九つの怪異短編。現代語訳を中心に原文の一部対比、途中途中に元にしたと思われる中国や日本の古典小説をひいた解説も挟み”ビギナーズクラシックス”という冠通り教科書のような読み心地。確かに分かり易かったが、物語世界そのものに浸りにくい構成でもあった。短編はどれも自然や精神世界が身近だったであろう日本の不安定な時代を妖しくそして悲しく映す。とても好みなのは確かなので、ぜひ原文全部掲載『雨月物語 現代語訳付き』を読みたい。 …続きを読む
    ベル@bell-zou
    2018年07月07日
    22人がナイス!しています
  • 「雨上がり月霞む夜」を読んで、原作を読んでみたくなって手に取りました。既読作もあり初読作もあり。印象に残るのは、既読作ですが「吉備津の釜」。この作品に登場する御釜祓いに興味を覚え、舞台になっている吉備 「雨上がり月霞む夜」を読んで、原作を読んでみたくなって手に取りました。既読作もあり初読作もあり。印象に残るのは、既読作ですが「吉備津の釜」。この作品に登場する御釜祓いに興味を覚え、舞台になっている吉備津神社を訪れたことがあります。あの時には体験しなかった鳴釜神事、今度訪れた時には是非お願いしたいと思います。 …続きを読む
    へいぞー
    2019年04月03日
    4人がナイス!しています
  • ダイジェスト版なので、あらすじととびとびの原文での構成。小説として読み応えはじゅうぶん。100年前の人が書いたことを、原文のまま読む。 ダイジェスト版なので、あらすじととびとびの原文での構成。小説として読み応えはじゅうぶん。100年前の人が書いたことを、原文のまま読む。
    でんすけ
    2019年01月31日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品