富士見L文庫

僕とやさしいおばけの駅

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年10月15日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784040721071
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

富士見L文庫

僕とやさしいおばけの駅

  • 著者 永菜 葉一
  • カバーイラスト するば
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年10月15日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784040721071

そこは、大事な「だれか」に再会できる駅――心温まるやさしい物語。

母親の都合で引っ越すことになった優太。「お化けが出る」と噂されている駅で出会ったのは、しゃべる動物や謎の駅長さん。人とあやかしが再会できるという駅で、駅長さんの手伝いをすることになった優太だけど……?

メディアミックス情報

NEWS

「僕とやさしいおばけの駅」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 評判がいいので読んでみました。優しくて温かい物語。田舎に引っ越してきた小学生の優太が通学に使う小竹ノ駅。実は「お化けノ駅」と呼ばれて、想いを残すアヤカシと人間が再会できる場所。優太はその手伝いをするこ 評判がいいので読んでみました。優しくて温かい物語。田舎に引っ越してきた小学生の優太が通学に使う小竹ノ駅。実は「お化けノ駅」と呼ばれて、想いを残すアヤカシと人間が再会できる場所。優太はその手伝いをすることになります。懐かしい児童文学のような、爽やかな展開。ラストもホロリとさせられます。続編があったらいいですね。 …続きを読む
    はる
    2017年07月03日
    57人がナイス!しています
  • 童話風の、ちょっといいお話。駅長さんの正体は最後まで明かされなかったけれど、そのほうがいいのかも。 童話風の、ちょっといいお話。駅長さんの正体は最後まで明かされなかったけれど、そのほうがいいのかも。
    佐島楓@勉強中
    2016年10月28日
    53人がナイス!しています
  • 田舎に転校してきた優太が通学で使う駅・小竹ノ駅。おばけの駅と呼ばれるこの駅の秘密は、人間とあやかしが再会するための駅であること。駅長さんのお手伝いをすることになった優太と、お化けの駅のあやかしたちとの 田舎に転校してきた優太が通学で使う駅・小竹ノ駅。おばけの駅と呼ばれるこの駅の秘密は、人間とあやかしが再会するための駅であること。駅長さんのお手伝いをすることになった優太と、お化けの駅のあやかしたちとのハートフルなお話3つ。キャラクタ小説のレーベルだけど、児童書として小学校中学年くらいから楽しめると思います。香月日輪さんの作品から優しさだけ抽出した感じで、あやかしやおばけは出ても怖くないので安心♪駅長さんの正体が謎のままなので、続きが出るといいな。 …続きを読む
    九月猫
    2017年05月14日
    40人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品