試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784044001988

古代研究III 民俗学篇3

  • 著者 折口 信夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784044001988

折口学を概観する論考集。天皇の即位儀礼に関する論考「大嘗祭の本義」も。

「鬼の話」「はちまきの話」「ごろつきの話」という折口学のアウトラインを概観できる三編から始まる第三巻。海・山の民が、里の生活と関わりながら、舞や踊り、文学さらには信仰にいたるまでその文化を発展させていったことなど、柳田民俗学と一線を画す論が興味深い。その後の研究のもととなった「三郷巷談」「まじないの一方面」「方言」ほか、天皇の即位儀礼に関する画期的論考「大嘗祭の本義」も所収。解説・加藤守雄/安藤礼二

もくじ

鬼の話、はちまきの話、ごろつきの話、雛祭りの話、桃の伝説、まじないの一方面、狐の田舎わたらい、桟敷の古い形、稲むらの蔭にて、方言、雪の嶋、三郷巷談、折口という名字、神道に表れた民族論理、大嘗祭、能楽における「わき」の異議-「翁の発生」の終篇
解説・加藤守雄/安藤礼二


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「古代研究III 民俗学篇3」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • WS参加のための副読本。折口作品は何度か読もうと挑戦したのだけれど、毎回途中から言葉が像を結ばなくなって、置いてけぼりなまま文章の美しさだけを眺めて終わってしまう。歯が立たない、という読後感。今回はこ WS参加のための副読本。折口作品は何度か読もうと挑戦したのだけれど、毎回途中から言葉が像を結ばなくなって、置いてけぼりなまま文章の美しさだけを眺めて終わってしまう。歯が立たない、という読後感。今回はこの本と、補助線のために安藤礼二「折口信夫」を並行して読み進めた(面白いけどこっちはまだまだ読み終われそうにない)今回も決して折口の見ている古代を幻視できたわけではないけれど、WSが楽しすぎたので満足。少し、爪の先っちょくらい、折口に食い込めた感触。読めなかったものが読めるようになっていく喜び。読書の醍醐味。 …続きを読む
    ゆう
    2019年09月27日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品