お咒い日和 その解説と実際

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年07月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784041049129

お咒い日和 その解説と実際

  • 著者 加門 七海
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年07月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784041049129

「オマジナイ」って何? 誰でも使えるの? 深くて広いお咒いの謎に迫る!

緑やピンクのインクを使って白い紙に好きな相手の名前を書く、宙に向かって指で四縦五横を切りつつ「臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前!」と鋭く唱える…。「オナジナイ」と聞いたとき、思い浮かぶのはこんな風景ではないだろうか? では、「オハライ」あるいは「ノロイ」との違いは?
オマジナイとはどんなものか? 「厄払い」と「厄除け」は違うのか?――深くて広いお咒いの神秘と謎に加門七海が答える、人気作品『お祓い日和』の対極に位置する姉妹本!

メディアミックス情報

NEWS

「お咒い日和 その解説と実際」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 気にするかしないかーですよね。知らずしらずにやっていたり、拘っていたりしていたことがある。遙かいにしえの頃よりずーっと続いていることもあり、淘汰されたものもあり・・ふむふむと読んだ。私の事だから、読ん 気にするかしないかーですよね。知らずしらずにやっていたり、拘っていたりしていたことがある。遙かいにしえの頃よりずーっと続いていることもあり、淘汰されたものもあり・・ふむふむと読んだ。私の事だから、読んだだけかもしれないけれど、懐かしく思い出した事柄もあった。八百万の神が住む日本。神仏に纏わるあれこれ。『おまじない』オドロオドロしくもあり、神秘的でもあり・・知識として面白く読んだ。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2017年09月21日
    105人がナイス!しています
  • 私たちの日常は「咒い」に満ちている。今ではその始まりの意味を知ることはなくとも。言葉に意味があるように所作にも意味があり、呪術的な意味を持つことも多いという。本作は、日常的な「咒い」から儀式までを平易 私たちの日常は「咒い」に満ちている。今ではその始まりの意味を知ることはなくとも。言葉に意味があるように所作にも意味があり、呪術的な意味を持つことも多いという。本作は、日常的な「咒い」から儀式までを平易に、しかし、学術的に綴り興味深い。「咒い」は裏を返せば呪いとなり、意趣返しや祓いにも通じる。だが、本来は願いなのだろう。理不尽な人の世に多かれ少なかれの願いをこめ、愛する人の息災を、平穏な日常を祈る。どんなに文明が進歩しようと私たちは何ひとつ手に入れたためしはない。だから「咒い」はひそやかに生き続ける。 …続きを読む
    jam
    2017年10月11日
    90人がナイス!しています
  • 恐ろしさも怖さもなく、さらっと終わったので拍子抜けした。どちらかと言えば、むしろ詳細を書くことを避けたらこうなった、みたいな感じ。 恐ろしさも怖さもなく、さらっと終わったので拍子抜けした。どちらかと言えば、むしろ詳細を書くことを避けたらこうなった、みたいな感じ。
    ナディ
    2017年09月19日
    39人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

加門 七海(かもん ななみ)

東京都生まれ。『人丸調伏令』で作家デビュー。カルト・風水・民俗学などに造詣が深い。著書多数。

最近チェックした商品