お咒い日和 その解説と実際

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年07月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784041049129

お咒い日和 その解説と実際

  • 著者 加門 七海
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年07月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784041049129

「オマジナイ」って何? 誰でも使えるの? 深くて広いお咒いの謎に迫る!

緑やピンクのインクを使って白い紙に好きな相手の名前を書く、宙に向かって指で四縦五横を切りつつ「臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前!」と鋭く唱える…。「オナジナイ」と聞いたとき、思い浮かぶのはこんな風景ではないだろうか? では、「オハライ」あるいは「ノロイ」との違いは?
オマジナイとはどんなものか? 「厄払い」と「厄除け」は違うのか?――深くて広いお咒いの神秘と謎に加門七海が答える、人気作品『お祓い日和』の対極に位置する姉妹本!

メディアミックス情報

NEWS

「お咒い日和 その解説と実際」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 気にするかしないかーですよね。知らずしらずにやっていたり、拘っていたりしていたことがある。遙かいにしえの頃よりずーっと続いていることもあり、淘汰されたものもあり・・ふむふむと読んだ。私の事だから、読ん 気にするかしないかーですよね。知らずしらずにやっていたり、拘っていたりしていたことがある。遙かいにしえの頃よりずーっと続いていることもあり、淘汰されたものもあり・・ふむふむと読んだ。私の事だから、読んだだけかもしれないけれど、懐かしく思い出した事柄もあった。八百万の神が住む日本。神仏に纏わるあれこれ。『おまじない』オドロオドロしくもあり、神秘的でもあり・・知識として面白く読んだ。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2017年09月21日
    105人がナイス!しています
  • 恐ろしさも怖さもなく、さらっと終わったので拍子抜けした。どちらかと言えば、むしろ詳細を書くことを避けたらこうなった、みたいな感じ。 恐ろしさも怖さもなく、さらっと終わったので拍子抜けした。どちらかと言えば、むしろ詳細を書くことを避けたらこうなった、みたいな感じ。
    ナディ
    2017年09月19日
    39人がナイス!しています
  • おまじないについて。意味のないモノやコトに意味を付与する。つながりのないモノやコトをつなぐ。祝いや呪いと同じことでまっさらな世界に意味をつけ加えるというテクニックは改めて考えてみると本当によくできてい おまじないについて。意味のないモノやコトに意味を付与する。つながりのないモノやコトをつなぐ。祝いや呪いと同じことでまっさらな世界に意味をつけ加えるというテクニックは改めて考えてみると本当によくできているなあと感心しますね。現代社会にだってまじない的なしきたりは相当数残されているよなあ。人間は森羅万象に対して何らかの形で自分の意思が反映されていると思い込まないと不安になってしまう生き物なのかもしれませんね。そうしたところから全てが生まれてきたきがします。 …続きを読む
    テツ
    2020年03月18日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

加門 七海(かもん ななみ)

東京都生まれ。『人丸調伏令』で作家デビュー。カルト・風水・民俗学などに造詣が深い。著書多数。

最近チェックした商品