不在

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年06月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041049105

不在

  • 著者 彩瀬 まる
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年06月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041049105

愛による呪縛と、愛に囚われない生き方とを探る。野心的長篇小説!

長らく疎遠だった父が、死んだ。「明日香を除く親族は屋敷に立ち入らないこと」。不可解な遺言に、娘の明日香は戸惑いを覚えたが、医師であった父が最期まで守っていた洋館を、兄に代わり受け継ぐことを決めた。25年ぶりに足を踏み入れた錦野医院には、自分の知らない父の痕跡が鏤められていた。恋人の冬馬と共に家財道具の処分を始めた明日香だったが、整理が進むに連れ、漫画家の仕事がぎくしゃくし始め、さらに俳優である冬馬との間にもすれ違いが生じるようになる。次々現れる奇妙な遺物に翻弄される明日香の目の前に、父と自分の娘と暮らしていたという女・妃美子が現れて――。愛情のなくなった家族や恋人、その次に訪れる関係性とは。気鋭の著者が、愛による呪縛と、愛に囚われない生き方とを探る。喪失と再生、野心的長篇小説!

   

おすすめコメント

頼りない私達を一人にしない為に、慎重に絞り出すように紡がれた言葉たち。
おかげで自分の大嫌いな部分を、ほんの少し愛してしまった。
――橋本愛様(女優)

    

「家族」と聞いて一番最初に「笑顔」という言葉を思い浮かべられる人は読まなくてもいいかもしれない。気づかないでいたい黒い小さなものを知っている人には、きっと刺さる物語。そして、多分、救いになる物語。
――精文館書店中島新町店 久田かおり様

とにかく、《胸がきゅーっとなる》小説でした!
明日香が遺品整理するのを読んでいくうちに、お父さんの人生が浮かび上がり、明日香の心が痛いように刺さりました。
――うさぎやTSUTAYA矢板店 山田恵理子様

  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「不在」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 直木賞候補の「くちなし」に続いて彩瀬 まる、2作めです。ホラーやイヤミスに変換して行くのではと思いながら読み進めましたが、正統派の恋愛・家族小説の佳作でした。少し作風が、村山 由佳に似て来たような気が 直木賞候補の「くちなし」に続いて彩瀬 まる、2作めです。ホラーやイヤミスに変換して行くのではと思いながら読み進めましたが、正統派の恋愛・家族小説の佳作でした。少し作風が、村山 由佳に似て来たような気がします。 …続きを読む
    starbro
    2018年10月02日
    385人がナイス!しています
  • 家族の形、恋人の形。それはどんな形をしているの?どんな形なら満足できるの?愛の形は人それぞれで、どんな形でもニーズが満たされていれば問題はない。それがたとえ支配と忠誠という愛であっても、それが望む形だ 家族の形、恋人の形。それはどんな形をしているの?どんな形なら満足できるの?愛の形は人それぞれで、どんな形でもニーズが満たされていれば問題はない。それがたとえ支配と忠誠という愛であっても、それが望む形だったら、それでいい。けれど大抵の人はそうじゃない。そんな歪んだ愛は望まない。期待通りの形に収まってくれないあなたが悪い、私が望む愛はそうじゃない、そうやって父を、恋人を、責める明日香。理不尽で我が儘な明日香の言動の裏にある、上手に愛せない苦しみ。人の心は複雑で、時に愛を間違えてしまう。愛の不在を埋められずに。 …続きを読む
    風眠
    2018年08月02日
    270人がナイス!しています
  • 本作は、家族の愛情を受けられずに育った明日香が、父の遺品を整理しながら、愛なき世界を強く生きていこうとする物語だ。24年前、母に暴力を振るったあげく、家族を捨てた父。遺品整理をするうちに、次第に蘇る家 本作は、家族の愛情を受けられずに育った明日香が、父の遺品を整理しながら、愛なき世界を強く生きていこうとする物語だ。24年前、母に暴力を振るったあげく、家族を捨てた父。遺品整理をするうちに、次第に蘇る家族の記憶は、やがて黒い小さな塊となって明日香の現在を蝕んでゆく・・。自分の考える家族や愛のあり方に固執し、異を唱える恋人に暴力を振るう彼女は、結局父と同じ道を歩もうとしていたのでした。終盤での明日香の気付きと再生に向けた道筋は、既成概念へのアンチテーゼとも読み取れる。捉えどころに苦労する難解な作品でした。 …続きを読む
    utinopoti27
    2019年02月10日
    229人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

彩瀬 まる(あやせ まる)

1986年千葉県生まれ。「花に眩む」で女による女のためのR-18文学賞読者賞を受賞しデビュー。

最近チェックした商品