池上彰の「経済学」講義2 ニュース編 覇権をめぐりお金が武器に

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041048931

池上彰の「経済学」講義2 ニュース編 覇権をめぐりお金が武器に

  • 著者 池上 彰
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041048931

ニュースの裏に“お金”あり! 21世紀の世界を見通す池上講義

テレビの放送でも話題になった池上彰の愛知学院大学・2014年「経済学」講義を文庫化。その第2巻・ニュース編。世界のニュースを経済の視点から読み解く。

お金を武器に覇権を争ってきた戦後世界。東西冷戦終結後の資本主義の暴走、原油価格の乱高下と地政学、EUの理想と現実、イスラム過激派勢力の台頭などで注目を浴びる宗教と経済の関係、出口戦略が問われるアメリカの金融政策――。

世界を動かすさまざまなニュースを経済学の視点で読み解き、21世紀の世界を考える。

もくじ

第2弾 ニュース編  覇権をめぐり お金を武器に
1 石油をめぐる地政学   
2 お金が商品になった――ブレトンウッズ体制の崩壊
3 リーマン・ショックが生まれた理由   
4 EUとユーロ――理想と現実
5 金融政策の方法とは?――日銀とFRBの役割   
6 宗教と経済の関係を読む
7 企業の成長と衰退を考える――スターバックス、マイクロソフト、アップル、アマゾン
コラム アイドルの仕事を経済学視点から分析する


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「池上彰の「経済学」講義2 ニュース編 覇権をめぐりお金が武器に」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 自身の無学・無知・世間知らずの程を思い知らされた。特に印象に残ったのはリーマン・ショックの項。改めて、その原因を理解するとともに、つくづく人間の滑稽さ・愚かしさを痛感する。「執着が苦を生む」を信念とし 自身の無学・無知・世間知らずの程を思い知らされた。特に印象に残ったのはリーマン・ショックの項。改めて、その原因を理解するとともに、つくづく人間の滑稽さ・愚かしさを痛感する。「執着が苦を生む」を信念としている私は、経済学・経営学を否定はしないものの、”金勘定の学問なんでしょ?”と、どこか斜に構えて見てる所があったが、大いに反省…。どちらも人間の営みを経済活動から理解する大切な学問なんだね(今さら)。金融関係は本当に疎いので、こういう本は有難い。池上さんが保険について解説した本ないかなぁ。 …続きを読む
    ホシ
    2017年08月05日
    9人がナイス!しています
  • 少し経済学っぽくなってきました。当時のニュースと身近な経済活動を上手くリンクさせていた印象でした。 少し経済学っぽくなってきました。当時のニュースと身近な経済活動を上手くリンクさせていた印象でした。
    へいがぁ
    2017年04月03日
    4人がナイス!しています
  • ついうっかり引き落としができない事が短期間に2回続くとブラックリストにのるということは知りませんでした。 ついうっかり引き落としができない事が短期間に2回続くとブラックリストにのるということは知りませんでした。
    白いカラス
    2019年07月26日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品