池上彰の「経済学」講義1 歴史編 戦後70年 世界経済の歩み

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041048924

池上彰の「経済学」講義1 歴史編 戦後70年 世界経済の歩み

  • 著者 池上 彰
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041048924

経済の視点で戦後の歴史を読み解く! トランプ後の世界を読み解くカギ

テレビの放送でも話題になった池上彰の愛知学院大学・2014年「経済学」講義を文庫化。その第1巻・歴史編。戦後社会の歴史と仕組みを経済の視点から読み解く。

戦後の資本主義VS社会主義、東西冷戦、日本の敗戦からの復興・高度経済成長・バブル経済、社会主義の失敗などを池上解説。いまの日本と世界の状況をよりよく理解するためには、その前にさかのぼってみることが大切。歴史を学ぶことで未来が見えてくる。

トランプ政権誕生後の世界を読み解くカギにもなる!

もくじ

第1弾・歴史編 戦後70年 世界経済の歩み
プロローグ 経済学を学ぶということ
1 経済、そして経済学とはそもそも何か   
2 廃墟から立ち上がった日本
3 東西冷戦の中の日本    
4 日本はなぜ高度経済成長を実現できたのか
5 高度経済成長の歪み――公害問題が噴出した    
6 バブルが生まれ、はじけた
7 社会主義の失敗と教訓――ソ連、東欧、北朝鮮    
8 中国の失敗と発展
おわりに


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「池上彰の「経済学」講義1 歴史編 戦後70年 世界経済の歩み」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 友人が選挙中に経済政策の理解の一助として勧めてくれた一冊。大学での授業を纏めた本で平易で分かりやすい。はっきり言えばありきたり過ぎてつまらない。 友人が選挙中に経済政策の理解の一助として勧めてくれた一冊。大学での授業を纏めた本で平易で分かりやすい。はっきり言えばありきたり過ぎてつまらない。
    ひかりパパ
    2017年10月29日
    13人がナイス!しています
  • わかりやすい。経済の話というより戦後の世界史という内容だけど。 わかりやすい。経済の話というより戦後の世界史という内容だけど。
    だんだん
    2019年03月11日
    4人がナイス!しています
  • 経済学の用語や概念というよりは、タイトルにもある通り、世界経済に影響を及ぼした主な歴史的出来事を説明した本です。同じ池上さんの著書「そうだったのかシリーズ」と多少かぶる箇所はありましたが、学生への講義 経済学の用語や概念というよりは、タイトルにもある通り、世界経済に影響を及ぼした主な歴史的出来事を説明した本です。同じ池上さんの著書「そうだったのかシリーズ」と多少かぶる箇所はありましたが、学生への講義形式をとっているため、より分かりやすくなっていたかと思います。 …続きを読む
    Hide
    2019年11月24日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品