角川文庫

新八犬伝 起

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041047446
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

新八犬伝 起

  • 著者 石山 透
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041047446

昭和48年から放映された伝説の「人形劇」が、完全小説版として蘇る!

時は室町時代、安房の国は里見城で打ち首となった玉梓(たまずさ)の祟りに立ち向かうため、伏姫(ふせひめ)は犬の八房(やつふさ)とともに己の胎内から八つの珠を持つ八犬士を生み出す。十数年後、「孝」の珠を持つ犬塚信乃(いぬづかしの)は、父の形見の名刀村雨を、さもしい浪人網乾左母二郎(あぼしさもじろう)にだまし取られ、恋人浜路とも離れ離れになるが、それはすべて、玉梓が怨霊の仕業だった。『南総里見八犬伝』の大胆な解釈のもと大人気を博した人形劇を、脚本家石山透自らが書き下ろした、完全小説版!

もくじ

一 シロが子犬を生んだ、かくて物語は始まる
二 怨霊が夜空を飛んで、狸は子犬に乳をやる
三 体に散る八つの花房、果たしてどんな宿命か
四 役の行者が現れて、伏姫に数珠を授ける



十六 伏姫ゆかりの八犬士、犬塚信乃に陰謀の渦


三七 現れた四番目の珠、浮き出る忠の一文字


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「新八犬伝 起」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • なんというかちょっとした手違いで承の巻に起のレビュー書いちゃったからね。承の巻の感想をやはりここで述べるのは筋違いと言うかネタバレ感満載になりそうなので書きたい気持ちいっぱいだけど諦める。(笑)でもね なんというかちょっとした手違いで承の巻に起のレビュー書いちゃったからね。承の巻の感想をやはりここで述べるのは筋違いと言うかネタバレ感満載になりそうなので書きたい気持ちいっぱいだけど諦める。(笑)でもね玉梓は言うに及ばずさもしい浪人網乾左母次郎しかり舟虫しかり悪役がしっかり悪役の役割を果たしてる所つまり黒白はっきりさせてる所の小気味好さと、いざとなったら玉を出せ的な剛腕を振るう都合の良さに多くの人の心を掴む原理原則というか物語の神髄を感じさせる作品であることには間違いない。転結が待ち遠しいよ。 …続きを読む
    つねじろう
    2017年04月05日
    53人がナイス!しています
  • 新八犬伝と言えば、1973年(昭和48年)から1975年(昭和50年)まで、夕方の6時30分にNHKで放送された人形劇です。坂本九さんの司会で進行、主題歌も坂本九さんが歌っていました。私は小学校3年生 新八犬伝と言えば、1973年(昭和48年)から1975年(昭和50年)まで、夕方の6時30分にNHKで放送された人形劇です。坂本九さんの司会で進行、主題歌も坂本九さんが歌っていました。私は小学校3年生。毎日、楽しみに見ていたのを覚えています。現在、放送テープはほとんど残っていないらしく、本書を店頭で見かけ衝動買いしました。テレビと同じ講談調の名調子で書かれており、調子よく読み終わりました。本巻は、八犬士のうち、犬塚信乃、犬飼現八、犬川額蔵、犬山道節が登場。勧善懲悪なので安心して読み進めることができます。 …続きを読む
    キック
    2017年10月01日
    45人がナイス!しています
  • 読み出してビックリ! あの人形劇がそのまま浮かんでくる語り口。たまに入る章の説明なんて 坂本九の顔まで浮かべてしまう。何よりも、小さい頃に観ていた八犬伝は 内容を理解できないままジュサブローの縮緬地の 読み出してビックリ! あの人形劇がそのまま浮かんでくる語り口。たまに入る章の説明なんて 坂本九の顔まで浮かべてしまう。何よりも、小さい頃に観ていた八犬伝は 内容を理解できないままジュサブローの縮緬地の人形の顔にゾワッとし、玉梓が怨霊は悪い奴、ピンチに陥ると光る玉に字が浮かぶ、時々笑える、こんな程度の認識だった。 今更ながらこんな話だったんだと《起》を読了。…感想になってないけど 要するにコミカルチックで読みやすい八犬伝。さて《承》に参ります。 …続きを読む
    sibarin♪
    2017年07月27日
    30人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品