犯罪小説集

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年10月15日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
336
ISBN:
9784041047385

犯罪小説集

  • 著者 吉田 修一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年10月15日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
336
ISBN:
9784041047385

人はなぜ、罪を犯すのか?

人間の深奥に潜む、弱く、歪んだ心。どうしようもなく罪を犯してしまった人間と、それを取り巻く人々の業と哀しみを描ききった珠玉の5篇。2007年『悪人』、14年『怒り』、そして……著者最高傑作の誕生


メディアミックス情報

NEWS

「犯罪小説集」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 吉田修一は、新作中心に読んでいる作家です。どこかで見たり、聞いたことがあるような市井の犯罪短編集、実話ではと錯覚させるリアル感があります。ふとした弾みで犯罪に手を染める人間の哀しい性のオンパレード!オ 吉田修一は、新作中心に読んでいる作家です。どこかで見たり、聞いたことがあるような市井の犯罪短編集、実話ではと錯覚させるリアル感があります。ふとした弾みで犯罪に手を染める人間の哀しい性のオンパレード!オススメは「曼珠姫午睡」と「白球白蛇伝」です。でも函入り愛蔵版を造るほどの作品ではないかなぁ。 …続きを読む
    starbro
    2016年12月05日
    431人がナイス!しています
  • 実際にモデルとなった事件が浮かぶ犯罪小説を5編収録。人はなぜ罪を犯すのか。吉田修一さんが丹念に質感をもって描く。「青田Y字路」での外国人母子の地域に受け入れられない悲哀。異様な群衆心理。明かされる十年 実際にモデルとなった事件が浮かぶ犯罪小説を5編収録。人はなぜ罪を犯すのか。吉田修一さんが丹念に質感をもって描く。「青田Y字路」での外国人母子の地域に受け入れられない悲哀。異様な群衆心理。明かされる十年前の真相。「万屋善次郎」の閉ざされた集落での村十部の恐ろしさ。寡黙な為のすれ違いが生む憎悪と狂気。「白珠白蛇伝」での、野球一筋に純粋に育てられた故の無知が生む哀しさ。下げられない生活レベルと価値観。子の姿に涙。人間の弱さと見栄。犯罪は私達の生活の側にあり、まだ遭遇してないだけかもしれない。考えさせられる傑作。 …続きを読む
    yoshida
    2017年04月23日
    372人がナイス!しています
  • ⭐︎⭐︎⭐︎3/5 良かった(*^_^*)5つの短編集。どれも、もやもや感が残る終わり方^_^;人間の堕ちていく模様が切なく辛かった^_^;コツコツ真面目に暮らすのが1番なのかな^_^宝クジ当たらない ⭐︎⭐︎⭐︎3/5 良かった(*^_^*)5つの短編集。どれも、もやもや感が残る終わり方^_^;人間の堕ちていく模様が切なく辛かった^_^;コツコツ真面目に暮らすのが1番なのかな^_^宝クジ当たらないかなぁ^_^ …続きを読む
    こうじ
    2016年11月13日
    275人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

読みだしたら止まらない。 小説なのに、まるで自分の身に起きたようなリアル感は、読み終えた後にテレビドラマを見ていたような臨場感が興奮を呼ぶ。  秋の夜長に、寝不足注意!◎シャネルのママ さん (女性・50代・会社員)

犯罪小説の名手が贈るその名も犯罪小説集!どの物語も情景描写がやけにリアルでドキドキしながらページをめくった。
人間の持ってる汚い部分、悲しみなどを見事にえぐりだし心に突き刺さる珠玉の小説集!!◎アポロン さん (男性・40代・会社員)

犯罪者の手記?と思うほどリアルで、自分の目の前で起きているかのような臨場感、当事者になったかのような気持ちにもなり、読み進んでいくうちにどんどん心拍数が上がっていきました。◎虹の母 さん (女性・30代・主婦)

著者紹介

吉田 修一(よしだ・しゅういち)

1968年長崎市生まれ。97年「最後の息子」で第84回文學界新人賞を受賞し作家デビュー。2002年『パレード』で第15回山本周五郎賞、同年『パーク・ライフ』で第127回芥川賞を受賞。07年『悪人』で第61回毎日出版文化賞と、第34回大佛次郎賞。10年『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞を受賞。著書に『女たちは二度遊ぶ』『怒り』『森は知っている』『橋を渡る』など多数。

最近チェックした商品