小説 野性時代 第159号 2017年2月号

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年01月12日
判型:
A5判
商品形態:
ムック
ページ数:
440
雑誌コード:
6233262
ISBN:
9784041043523

小説 野性時代 第159号 2017年2月号

  • 編 小説野性時代編集部
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年01月12日
判型:
A5判
商品形態:
ムック
ページ数:
440
雑誌コード:
6233262
ISBN:
9784041043523

デビュー10周年を迎えた湊かなえ特集、読切も掲載。表紙は佐々木蔵之介。

第1特集は、自作解説で振り返る湊かなえ10年の軌跡。第2特集は、映画『破門』対談(黒川博行×朝井まかて)と映画『恋妻家宮本』インタビュー(遊川和彦)。読切は豪華3本、小池真理子、知念実希人、湊かなえ。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「小説 野性時代 第159号 2017年2月号」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 湊かなえさん♡知念実希人さん♡お目当てのところだけ早々に読了。あとは、おいおい楽しもう(*ˊ˘ˋ*)。♪:*° 湊かなえさん♡知念実希人さん♡お目当てのところだけ早々に読了。あとは、おいおい楽しもう(*ˊ˘ˋ*)。♪:*°
    ☆ゆづみん堂☆
    2017年01月16日
    13人がナイス!しています
  • 読切「ラジオドラマ」は、書き方の違いが興味深い。「凶犬の眼」が山場。逮捕したけど、どうなるのかなぁ。「地獄の犬たち」もこの先どうなるのか。暴力描写はしんどいけど、面白い。 読切「ラジオドラマ」は、書き方の違いが興味深い。「凶犬の眼」が山場。逮捕したけど、どうなるのかなぁ。「地獄の犬たち」もこの先どうなるのか。暴力描写はしんどいけど、面白い。
    てんつく
    2017年02月10日
    7人がナイス!しています
  • 湊かなえ特集。好きではないが「ラジオドラマ」は興味深かった。シナリオでも、テレビとラジオとでは違うとか。黒川さんと朝井さんの対談が面白い。大阪弁の小説、苦手な人は苦手だろうな。私も物に依るかな?映画版 湊かなえ特集。好きではないが「ラジオドラマ」は興味深かった。シナリオでも、テレビとラジオとでは違うとか。黒川さんと朝井さんの対談が面白い。大阪弁の小説、苦手な人は苦手だろうな。私も物に依るかな?映画版「破門」の桑原を佐々木蔵之介がやるって。テレビドラマでは北村一輝だったけど、どちらが適任かしらね??北村さんはちょっと綺麗すぎる気もしたから。「dele」がかなりいい感じになってきた。あと「狂犬の眼」も。日岡、とうとうそっち系の人と兄弟の杯を交わしちゃったよ。どうすんだ・・・ …続きを読む
    Takako Sasano
    2017年02月28日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品