SNOOPY COMIC  ALL COLOR 50’s

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784046016348

SNOOPY COMIC  ALL COLOR 50’s

  • 著者 チャールズ・M・シュルツ
  • 訳 谷川 俊太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784046016348

四本足のスヌーピーが大活躍! 考え、踊り出し、だんだん中心になっていく

アメリカで50年にわたって親しまれたコミック「PEANUTS」のサンデー版1952~1959年の中から、特におすすめの90本を選り抜き、収録したコミック集。

モノクロの原画に1コマずつ色をつけ、全編オールカラー&谷川俊太郎さんの新訳で、装いも新たに登場!

連載当初のスヌーピーは、チャーリー・ブラウンの飼い犬らしく、四本足で歩き、投げられたボールを取りに行ったりと、犬らしい様子がキュート。顔つきも90年代とは大きく異なります。

登場人物もおなじみのメンバーとはちょっと違っていて、スヌーピー通の人にとっても、新たな発見があるはず。特にスヌーピーが考え出し、つぶやき始め、コミックのメインキャラクターになっていく様子は、必見です。

「PEANUTS」の仲間たちのキャラクター紹介、面白エピソード、70年代のコミックの特徴などの解説付き! ぜひ読んで欲しい、充実の内容になっています。





トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「SNOOPY COMIC  ALL COLOR 50’s」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 連載初期、50年代のスヌーピーは、まだ四つ足で駆け回る子犬。でも、その頃から自分の考えを言葉にするようになり、独創性が見えてくる。縄跳びを千回以上跳んでみせたり、後の変装への系譜のような物真似をするよ 連載初期、50年代のスヌーピーは、まだ四つ足で駆け回る子犬。でも、その頃から自分の考えを言葉にするようになり、独創性が見えてくる。縄跳びを千回以上跳んでみせたり、後の変装への系譜のような物真似をするようになったり。スヌーピーのハッピーダンスは見る人を幸せにすると思う。ルーシーも登場したばかりの頃はこんなに幼かったのだなあ。ライナスという弟が生まれて初めて、彼女は「がみがみ言うちょっと強引な女の子」というキャラクターを確立させたのかもしれない。ルーシーといいサリーといい、女の子たちの恋に落ちる早さには脱帽。 …続きを読む
    ユメ
    2016年10月20日
    33人がナイス!しています
  • スヌーピーミュージアムに行ってから過去から一通りのPEANUTSを読みたくなったので。初期の頃のキャラ設定やデザインの違いを時系列で見ることができます。谷川俊太郎さんの新訳ということなんだけど、オノマ スヌーピーミュージアムに行ってから過去から一通りのPEANUTSを読みたくなったので。初期の頃のキャラ設定やデザインの違いを時系列で見ることができます。谷川俊太郎さんの新訳ということなんだけど、オノマトペとかの表現が自然でPEANUTSの世界観をそのまま伝えてくれてる気がして凄いなぁと思う。同じ角川文庫から出版されてるSNOOPY COMIC SELECTIONと間違えて借りたんだけど、セレクトされてるストーリーは違うのかな?見比べてみようかな。 …続きを読む
    mei
    2016年09月22日
    6人がナイス!しています
  • やっと積読本のうちの一冊を読めた!モノクロの方もそうだけど、この時代の絵柄はまだ拙いけど、スヌーピーはやはり可愛いし、すでにダンサーとしての片鱗を見せている。  一番驚いたのはルーシー。もう今じゃ考 やっと積読本のうちの一冊を読めた!モノクロの方もそうだけど、この時代の絵柄はまだ拙いけど、スヌーピーはやはり可愛いし、すでにダンサーとしての片鱗を見せている。  一番驚いたのはルーシー。もう今じゃ考えられない性格と身体能力の凄さ。笑いが止まらない。 …続きを読む
    kumo
    2017年04月10日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品