教室の灯りは謎の色

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年08月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784041042304

教室の灯りは謎の色

  • 著者 水生 大海
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年08月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784041042304

先生が手伝ってくれたら、どんな謎でも解けるのに。

塾には通いながらも不登校を続ける、高校生の遥。遥には母親が教師をしている学校へ行けない理由があった。ある日、塾の近くのレンタルショップで事件が起き、遥は犯人だと疑われる。窮地を救ってくれたのは、居合わせた塾講師の黒澤だった。寡黙ながら救いの手を差し伸べてくれる黒澤に、遥の心は少しずつ解きほぐされていく。レンタルショップの事件は、遥が不登校になるきっかけとなった出来事にもつながっていき、やがて、黒澤の言葉が彼女の世界を変える――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「教室の灯りは謎の色」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 高校へ通えなくなった遙は塾には通っている、親のせいにしていた不登校にはある事情が、それを解き明かしてくれた塾講師黒澤に救われた遙は彼女の周りで起こる事件に首を突っ込み黒澤に協力して解き明かすミステリー 高校へ通えなくなった遙は塾には通っている、親のせいにしていた不登校にはある事情が、それを解き明かしてくれた塾講師黒澤に救われた遙は彼女の周りで起こる事件に首を突っ込み黒澤に協力して解き明かすミステリー、放火やいじめ、痴漢の冤罪など重めの内容で辛い部分もあり、登場人物が冷たかったり、自分勝手だったりあまり魅力的と思えず好きになれなかった。 …続きを読む
    みかん🍊
    2016年12月05日
    94人がナイス!しています
  • このテイスト、良いと思います。舞台が学習塾(一般的な“塾”とはだいぶスタイルは違いますが)とのことで、当初はワンパターン化を危惧したのですが、そこはテクニシャンの水木女史、いらぬ心配でした。伏線の忍ば このテイスト、良いと思います。舞台が学習塾(一般的な“塾”とはだいぶスタイルは違いますが)とのことで、当初はワンパターン化を危惧したのですが、そこはテクニシャンの水木女史、いらぬ心配でした。伏線の忍ばせ方もさり気ないのに印象的。その絶妙なさじ加減が冴えわたります。各章のタイトルも効いていますね。 …続きを読む
    だんじろー
    2016年11月10日
    64人がナイス!しています
  • さらさらと読了。フリースクールも開校している進学塾が舞台。不登校で高校に通えなくなった遥が、自分のピンチを救ってくれた黒澤先生を慕い、身の回りで起こる事件の謎を一緒に解き明かしていく連作短編。黒澤先生 さらさらと読了。フリースクールも開校している進学塾が舞台。不登校で高校に通えなくなった遥が、自分のピンチを救ってくれた黒澤先生を慕い、身の回りで起こる事件の謎を一緒に解き明かしていく連作短編。黒澤先生はカッコイイな。生徒をあたたかく見守り、鋭く事件を解決する。一体何者。それぞれ持ち込まれる事件が、わりと塾では手に負えないくらいヘビーな事案。思春期の悩みや人間関係の難しさがリアルだった。 …続きを読む
    おかだ
    2017年07月20日
    47人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品