角川映画 1976-1986[増補版]

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041026175

角川映画 1976-1986[増補版]

  • 著者 中川 右介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041026175

読んでから見るか、見てから読むか。

●「読んでから見るか、見てから読むか。」 日本映画に革命を起こした角川映画最初の10年を描く!角川映画40周年記念で大幅加筆で文庫化!
1970年代半ば、低迷していた日本映画界に登場した角川映画は、日本初の本格的メディアミックスだった! 小説と映画と主題歌をヒットさせ、ベストセラー作家とスターを生んでいく。「犬神家の一族」に始まり、「野性の証明」「復活の日」等の大作、「セーラー服と機関銃」「時をかける少女」等のアイドル映画。疾風怒涛の10年を描くノンフィクション。
2016年「セーラー服と機関銃-卒業-」(主演・橋本環奈)、「エヴェレスト 神々の山嶺」(主演・岡田准一、阿部寛)など角川映画40周年記念映画が公開。本書も待望の文庫化!角川春樹のその後、角川歴彦の「新生角川映画」も大幅加筆で描いた増補版!

もくじ

<目次>
序章 一九七五年
●第一部 疾風編
第一章「犬神家の一族」から始まったー一九七六年/第二章「人間の証明」での「証明」ー一九七七年/第三章「野性の証明」でのスター誕生ー一九七八年/第四章「復活の日」へー一九七九年から八○年
●第二部 怒涛編
第五章 模索ー一九八○年から八一年/第六章 栄冠ー一九八二年/第七章 頂点ー一九八三年/第八章 明暗ー一九八四年/第九章 翳り(かげり)-一九八五、八六年
●終章 その後
文庫版のためのあとがき
●資料編
参考文献/角川映画 作品データ 1976-2016/キネマ旬報ベスト・テン 1976-1986


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「角川映画 1976-1986[増補版]」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 【雑感】面白かった。私の幼年~少年期の大切な文化史である。たまに思うが、あの頃の角川文庫があんな風でなかったら、私は今頃読書を楽しむ人間になってなかったんじゃないかと思う。繰り返し流れるCMに、観る予 【雑感】面白かった。私の幼年~少年期の大切な文化史である。たまに思うが、あの頃の角川文庫があんな風でなかったら、私は今頃読書を楽しむ人間になってなかったんじゃないかと思う。繰り返し流れるCMに、観る予定も無い角川映画の内容を想像してワクワクしていた少年時代。そして本屋で手に取った角川文庫のラインナップを見ると、それはエンタメ小説を中心にした神秘的世界だった。想像に過ぎないが、私の父祖の世代が乱歩だの新青年だの立川文庫だのを楽しんだワクワク感と同じものを角川文庫に与えてもらったのだと思う。角川映画に感謝。 …続きを読む
    ZOZOTOWN元社長・前澤友作
    2017年01月29日
    55人がナイス!しています
  • 本作に書かれた10年は、私にとっては8歳から18歳の間に当たる。正に少年時代である。映画館で観た作品が沢山紹介されているのも楽しいが、この時代とにかく原田知世が大好きだった事を思い出す。デビュー作のド 本作に書かれた10年は、私にとっては8歳から18歳の間に当たる。正に少年時代である。映画館で観た作品が沢山紹介されているのも楽しいが、この時代とにかく原田知世が大好きだった事を思い出す。デビュー作のドラマを観た事、「時をかける少女」を家で観るためにビデオデッキを買った事。レコードも、表紙が映画の写真になった原作本も、雑誌「バラエティ」も全部集めていた事。あれから30年経った。歳を取るのは嬉しくは無いが、思い出が増えるのは悪く無いのかも知れない。我が青春の角川映画、いくつか観直してみたい。そんな気になった。 …続きを読む
    森オサム
    2016年05月20日
    34人がナイス!しています
  • 『読んでから観るか、観てから読むか』1970年代、映画低迷期に出版界の異端児角川春樹が仕掛けたメディアミックス商法から見る映画と角川書店の10年クロニクル。忘れられた名探偵金田一耕助を復活させ大ブーム 『読んでから観るか、観てから読むか』1970年代、映画低迷期に出版界の異端児角川春樹が仕掛けたメディアミックス商法から見る映画と角川書店の10年クロニクル。忘れられた名探偵金田一耕助を復活させ大ブームを巻き起こした『犬神家の一族』世の少年たちを熱狂の渦に巻き込み、赤川次郎という国民作家を生み出した『セーラー服と機関銃』評論家からは酷評されながらも、興行収入において庶民のニーズを如実に示した傑作・駄作のB級映画の数々。角川春樹の逮捕により黄金時代は幕を閉じるも、彼が作りあげたシステムを壊す者は現れていない。 …続きを読む
    遊々亭おさる
    2016年06月24日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品