試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041041116

冷たい狂犬

  • 著者 渡辺 裕之
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041041116

元公安調査官がふたたび諜報戦の世界へ!

“日本のCIA”と呼ばれる公安調査庁を退職して、カフェを営む影山夏樹。彼はかつて中国や北朝鮮から“冷たい狂犬”と畏怖されていた。だが突如、以前の上司から依頼があった。内閣情報調査室の幹部が中国高官と接触、極秘情報を流すためスパイの証拠を押さえてほしいという。取引現場は韓国のカジノ。夏樹はコンビの真木麗奈とともに韓国へ飛び立つが、そこには中国の伝説の諜報員が待ち構えていた……。息詰まる情報戦の行方は? 「傭兵代理店」の著者が放つ、渾身の新シリーズ第一弾!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「冷たい狂犬」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 筆者の別のシリーズです。これは元公安調査庁の職員が現場をやめてフリーランスでの仕事を請け負うようです。コーヒー店のマスターをしているのですが、水出しコーヒーを常温で飲ませてくれる場面では、むかしやった 筆者の別のシリーズです。これは元公安調査庁の職員が現場をやめてフリーランスでの仕事を請け負うようです。コーヒー店のマスターをしているのですが、水出しコーヒーを常温で飲ませてくれる場面では、むかしやったことがあることを思い出したりしながら読みました。元の職場から依頼されて韓国での仕事で、刑事とは違って武器をもたないけれど主人公は表題どおりに強く、今後が楽しみです。女性が出てくるのは余分ですが。 …続きを読む
    KAZOO
    2019年02月03日
    93人がナイス!しています
  • 新傭兵代理店シリーズ『凶悪の序章』を読んでいたら、突然凄腕の男が登場してきて、こいつは誰だ?って思ってたら、どうやら新シリーズの主人公らしいということがわかり、作者の術中に嵌ってまんまとこちらのシリー 新傭兵代理店シリーズ『凶悪の序章』を読んでいたら、突然凄腕の男が登場してきて、こいつは誰だ?って思ってたら、どうやら新シリーズの主人公らしいということがわかり、作者の術中に嵌ってまんまとこちらのシリーズも読むことになってしまった。韓国を舞台に中国情報部との壮絶な諜報戦を繰り広げる。ストーリーも面白いのだが、韓国のお国事情も興味深い。たった5時間の授業と50メートル直進の実技試験で運転免許取得って…。医師の処方箋なしで薬が手に入るというのもどうなんだか。 …続きを読む
    future4227
    2017年08月23日
    32人がナイス!しています
  • 諜報戦が主軸のB級アクション。主人公はもちろん強い、そして当然モテる!既読感あるなーと思ったら「もぐら」のスタイリッシュ版だ。こちらは、ドンパチより諜報戦が多くヒリヒリする展開。美女との絡みもスムーズ 諜報戦が主軸のB級アクション。主人公はもちろん強い、そして当然モテる!既読感あるなーと思ったら「もぐら」のスタイリッシュ版だ。こちらは、ドンパチより諜報戦が多くヒリヒリする展開。美女との絡みもスムーズ。二転三転するラストは中々でした。ただ、詰めこみすぎたのかスピーディ過ぎる展開と、主人公のキャラがいまひとつ。寡黙だったり、ニヒルだったり、キザだったり、お茶目だったり、場面場面でころころ変わるので、違和感がハンパなかった。せっかくのヒーロー、シリーズ1ならしっかりと人物を作りこんで欲しかったなー。 …続きを読む
    ずきん
    2018年02月28日
    29人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品