明日の食卓

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041041048

明日の食卓

  • 著者 椰月 美智子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041041048

けっして他人事ではない、どこにでもある家族の光と闇。

息子を殺したのは、私ですか?

同じ名前の男の子を育てる3人の母親たち。
愛する我が子に手をあげたのは誰か――。

静岡在住・専業主婦の石橋あすみ36歳、夫・太一は東京に勤務するサラリーマン、息子・優8歳。
神奈川在住・フリーライターの石橋留美子43歳、夫・豊はフリーカメラマン、息子・悠宇8歳。
大阪在住・シングルマザーの石橋加奈30歳、離婚してアルバイトを掛け持ちする毎日、息子・勇8歳。

それぞれが息子のユウを育てながら忙しい日々を送っていた。辛いことも多いけど、幸せな家庭のはずだった。しかし、些細なことがきっかけで徐々にその生活が崩れていく。無意識に子どもに向いてしまう苛立ちと怒り。果たして3つの石橋家の行き着く果ては……。
どこにでもある家庭の光と闇を描いた、衝撃の物語。


おすすめコメント

暴力の衝動は、きっと誰の中にも潜んでいる。そこから目を逸らさず書き切った、深い勇気を讃えたい。
――宮下奈都さん

この物語の母親たちは、少し前の自分とも重なります。様々な立場の方々に、子どもとの関わりあいを考えていただくきっかけとなる1冊かと思います。(七五書店 森晴子さん)

椰月さんが今までの作品で買いてきた人間に対する優しさがあるからこそ、その裏に炙り出される哀しみもリアルに突きつけてくる作品だ。(くまざわ書店南千住店 阿久津武信さん)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「明日の食卓」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • あすみと優、留美子と悠宇、加奈と勇。イシバシユウという同姓同名の小学3年生の男児のいる3組の親子。収入も家庭環境も家族構成も異なる3組の家族の出来事が、母親の視点から語らる物語。順風に見える家庭にも、 あすみと優、留美子と悠宇、加奈と勇。イシバシユウという同姓同名の小学3年生の男児のいる3組の親子。収入も家庭環境も家族構成も異なる3組の家族の出来事が、母親の視点から語らる物語。順風に見える家庭にも、問題が起こり、ひとつ間違えば、虐待で子供を殺してしまうかもしれない。そんな危うさを抱えている。個人的には加奈と勇の親子を応援していました。今の幸せを感謝しないと‥。。そんなことを考えながら、一気読み!とても面白かったです。 …続きを読む
    ウッディ
    2017年10月25日
    308人がナイス!しています
  • 子供は天使だったり悪魔だったりするし、母親だって聖母にもなれば悪母にもなる。虐待の報道があると親を非難するが、そこに至った内情を想像してみた事はあっただろうか。私が子供の時、何の疑問もなく親の言うこと 子供は天使だったり悪魔だったりするし、母親だって聖母にもなれば悪母にもなる。虐待の報道があると親を非難するが、そこに至った内情を想像してみた事はあっただろうか。私が子供の時、何の疑問もなく親の言うことは絶対正しいと思っていた。今は、絶対正しいとは思わないけれど。この物語には3人のイシバシユウ君が登場する。ユウの闇に気づかない母親、怪獣化するユウに手をあげる母親、ひとりきりでユウを育てる母親。それぞれの明日の食卓を、無事に迎えられますように。そうして毎日が続いていって、つつがなく日々を、過ごせますように。 …続きを読む
    風眠
    2017年02月06日
    307人がナイス!しています
  • どうにも辛い物語。苦しさが募ってきます。情報が溢れるくらい豊富なのに、どんどん視野が狭くなっている社会をリアルに描いていると思います。互いを思いやる家族も描かれているけれど、みんな〈自分〉しか見ていな どうにも辛い物語。苦しさが募ってきます。情報が溢れるくらい豊富なのに、どんどん視野が狭くなっている社会をリアルに描いていると思います。互いを思いやる家族も描かれているけれど、みんな〈自分〉しか見ていない。妙なステレオタイプの家族だけでないだけに、本当に苦しく、恐ろしい。突然の変貌など、戸惑う面もあるのだけど、人間の、日常の些細な脆さにとても説得力を感じました。 …続きを読む
    fwhd8325
    2017年04月12日
    271人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

この本はまるでアパートの隣の家の出来事のような、身近すぎて読むのにパワーが必要な作品でした。天使のような子供なんていない、まして神様のような親も大人もいない。そんなリアルをつきつけられた気がします。そしてどんな形でも母親は 我が子を愛するのだと。(40代女性)

幸せな家族が一つの出来事で壊れてしまうこともある。そんなことを感じてしまい、他人事とは思えなくなってしまった。衝動的な行動、信じられない行動というのは簡単だけど、自分が絶対にしないとは言い切れないんだと思い、怖くなる。それでも強く生きていく家族の幸せを願わずにいられなかった。(30代女性)

モノと便利さに囲まれているのに生き辛さを感じている子育て中のお母さん、「自分は妻の大変さを理解している」と思っているお父さん、これから家庭をもつ人たち、子育ても一段落ついた方々。どんな人にもおすすめしたい作品です。小説を読む、それ以上の経験がきっとできます。(40代男性)

著者紹介

写真:椰月 美智子(やづき・みちこ)

椰月 美智子(やづき・みちこ)

1970年神奈川県生まれ。2002年『十二歳』で第42回講談社児童文学新人賞を受賞してデビュー。『しずかな日々』で第45回野間児童文芸賞、第23回坪田譲治文学賞を受賞。著書に『フリン』『るり姉』『消えてなくなっても』『伶也と』『14歳の水平線』『その青の、その先の、』などがある。

最近チェックした商品