試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041074299

明日の食卓

  • 著者 椰月 美智子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041074299

息子を殺したのは、「私」ですか?

8歳の息子を育てる、環境も年齢も違う3人の母親たち。些細なことがきっかけで、幸せだった生活が少しずつ崩れていく。無意識に子どもに向けてしまう苛立ちと暴力。普通の家庭の光と闇を描く、衝撃の物語。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「明日の食卓」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 実母によって虐待死したイシバシユウ。3人のイシバシユウをめぐる。東京から郊外に越したユウは、確信的に他人を容赦無く傷つける。兄弟喧嘩が絶えないユウは、両親らの不仲の吐口として暴力を受ける。深刻な貧困の 実母によって虐待死したイシバシユウ。3人のイシバシユウをめぐる。東京から郊外に越したユウは、確信的に他人を容赦無く傷つける。兄弟喧嘩が絶えないユウは、両親らの不仲の吐口として暴力を受ける。深刻な貧困のユウは、貧困だけで虐められ、未亡人の母の奮闘を無にする伯父の理不尽な振る舞いを受ける。子育ては、利害とは切り離された大人の子どもに対する利他性で支えられる。しかし、精神的発達が多様な子ども、自身の人生を尊重する親、経済に偏重する価値観の利己が立ちはだかり、目的である子育てをも見失わせる。特に貧困は胸が痛む。 …続きを読む
    ろくせい
    2020年07月09日
    185人がナイス!しています
  • 椰月さん4冊目。心安らぐ物語ばかりだったので、この作品もそのような雰囲気を期待していたのだが、1P目から裏切られた(^^; ユウという名前の9歳の少年がひどい虐待を受けている場面。そして、9歳の「ユウ 椰月さん4冊目。心安らぐ物語ばかりだったので、この作品もそのような雰囲気を期待していたのだが、1P目から裏切られた(^^; ユウという名前の9歳の少年がひどい虐待を受けている場面。そして、9歳の「ユウ」という3人の少年の母親たちが交互に語り手となって物語は進む。冒頭の虐待を受ける「ユウ」はこの中の誰なのか?それなりに幸せそうな家庭が壊れていく様はとてもつらい。彼女たちが家族に抱く不満・憎しみがとてもリアルだ。彼女たちの我慢が限界を超えた瞬間、私も子供に掴み掛る自分を見た思いがした。子供いないけど。 …続きを読む
    NADIA
    2020年02月10日
    74人がナイス!しています
  • この作品を自らの日常と照らし合わせると痛い程に、嫁の、母親であるコトのしんどさ、ソコからどうしても発生してしまう子供へのイラつき、行き場のない怒りが、避けられないものであるコトを実感出来る。そして、嫁 この作品を自らの日常と照らし合わせると痛い程に、嫁の、母親であるコトのしんどさ、ソコからどうしても発生してしまう子供へのイラつき、行き場のない怒りが、避けられないものであるコトを実感出来る。そして、嫁が常にイライラしているコトを、夫である父親が本当の意味で理解出来ないのも、解る気がする。だからこそ、そんな嫁の状況を少しでも理解して受け入れるコト、せめて子供には無条件に優しく接していくコトが、父親の勤めなのかと。コレ読んで簡単に「イライラしなさんな」なんて言えなくなった。色々な「気づき」を得るコトが出来た。 …続きを読む
    バネ
    2019年03月19日
    66人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

写真:椰月 美智子(やづき・みちこ)

椰月 美智子(やづき・みちこ)

1970年神奈川県生まれ。2002年『十二歳』で第42回講談社児童文学新人賞を受賞してデビュー。『しずかな日々』で第45回野間児童文芸賞、第23回坪田譲治文学賞を受賞。著書に『フリン』『るり姉』『消えてなくなっても』『伶也と』『14歳の水平線』『その青の、その先の、』などがある。

最近チェックした商品